春を先どり夏も快適!常に芝生の上を裸足で歩けるサンダルがステキすぎる!

ライフ

2015/01/25 10:00

日本各地ではまだまだ寒い日が続いており、東京では冷たい雨が雪へ変わるほどの気温を記録しています。朝起きたときに天気が悪いと、外に出るのも億劫になりそうです。そんなときは、暖かい春の訪れを待ちわびてみてはいかがでしょうか?

暖かくなったら公園でゆっくり散歩したい、おしゃなカフェのテラスで本を読みたい、ふかふかの芝生の上を裸足で歩いたり、寝転んだりしてみたい…。それだけでも少し心がほかほかしてきそうです。

しかし、なかにはこのような想像をしているうちに、「もう春を待っていられない! 迎えに行きたい!」と思う人もいるかもしれませんね。そんな人はこの芝生サンダルで一足先に春・夏気分を味わってみてはいかがでしょうか?

0123しらべぇ「芝生サンダル」写真

なんとこのサンダルには草が生えていて、これを履いて歩くだけでまるで芝生の上を歩いているような、あの気持ちいい感覚を味わえます。これはオーストラリアで発売されている「KUSA flip flops」という草サンダル。サイズは19cm~31cmまであるそうなので、小学生頃のお子さんから、安田大サーカスのHIROさんまで履きこなせるようになっています。

芝生だったらいつかは枯れてしまうのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、草の部分は人工芝でできているので安心。サンダルのソール部分にしっかりと植えつけられているので、なかなか耐久性もあるそうです。

履き続けているうちに芝生が押しつぶされ、自分の足に合うように変形していくので、履き慣れればなんともいえないフィット感が味わえます。春先から履き始れば、夏にはぴったりになるので、楽しさを阻害する靴擦れにも悩まされずに、海やプールをエンジョイできるのではないでしょうか?

筆者も実際に履いてみたとろ、新品だと人工芝が立ち上がっているのでサンダルのバンド部分に少し窮屈な感じがありましたが、履き続けていれば徐々に馴染むので問題ないと思います。それよりも芝生の気持ちよさに惹きつけられ、歩かずに足をサンダルにすりすりしたくなりました。

ちなみに、お値段は29.95オーストラリアドル(日本円で約3000円)です。日本でも通販サイトや書籍やおもしろ雑貨を扱っている「ヴィレッジ・ヴァンガード」などで取り扱っているそうです。春が待てないという人はこのサンダルで思いっきり芝生の上を走り回ってみてはいかがでしょうか?

(文/しらべぇ編集部・八木彩香