おれの味噌汁はおれが作る!ひとり暮らし男性にもオススメな簡単味噌汁の作り方

misosiru

こんにちは、精進料理研究家、食ライターの麻生怜菜です。

寒さもいよいよ佳境を迎え、東京でも雪予報がたびたび見られますね。こんな寒い日には、朝起きて温かい味噌汁を1杯、家に帰って温かい味噌汁を1杯と、味噌汁が恋しくなりませんか?

味噌には、原料である大豆にはない必須アミノ酸8種類がすべて含まれています。健康維持の面から見ても、毎日の味噌汁生活はオススメですよ!

でも、イチから味噌汁を作るのはちょっと面倒…と思っているあなた! 1週間分まとめて具材を切っておく、乾物を使う、液味噌を使うなどのひと工夫で、簡単に美味しく手作りの味が毎日食べられますよ!

 

■葉物野菜&液味噌を使う

小松菜・ほうれん草などの野菜は熱も通りやすいので、味噌汁にぴったり! 一口サイズに切り、小分けにラップなどに包んで保存しておきましょう。さらに液味噌が1本あると、さっと注いですぐ溶けるので、溶く時間・手間がかかりません。あとは温めるだけで美味しい味噌汁ができます。

●小松菜の味噌汁

【調理時間】5分
【材料】1人分
小松菜:50g<3㎝幅に切る>
たまねぎ:1/4個(50g)<薄切り>
水:200cc
液味噌:小さじ2
【作り方】
マグカップに材料を全て入れ、電子レンジで加熱(600wで5分)して完成!

 

■乾物&液味噌を使う

乾物は長期間ストックしておけます。乾燥わかめや一口サイズにカットされた高野豆腐などを常備しておけば、そのまま使えて便利ですよ。

●わかめと高野豆腐の味噌汁

【調理時間】5分
【材料】1人分
乾燥わかめ:2g(スプーン1杯)
ひと口高野豆腐:2個
水:200cc
液味噌:小さじ2
【作り方】
マグカップに材料を全て入れ、電子レンジで加熱(600wで5分)して完成!

味噌汁は、飲む頻度が高い人ほどがんのリスクを下げる効果も期待できるとも言われています。また、コレステロールをさげる効果もあります。まさに、味噌は医者いらず。味噌汁を毎朝飲むことで、いつの間にか健康が維持できそうですね。

忙しい時の外出時には、持ち運びに便利なフリーズドライのお味噌汁もあります。ぜひお試しくださいね!

(文/精進料理研究家、食ライター・麻生怜菜

あなたにオススメ