米版ドラゲナイ? ファンの“空耳”指摘へのテイラー・スウィフトの粋な反応

taylor

ロングヒットを記録しているSEKAI NO OWARIの『Dragon Night』。ネット上では、そのサビの響きから「ドラゲナイ」と呼ばれ、同バンドボーカルのFukaseがツイッターでこの「ドラゲナイ」というワードを使ったことが話題になった。最近では、「あえて“ドラゲナイ”という響きに寄せて歌ってる?」という憶測も飛び交っており、同曲はさらに注目を浴びている。

そんななか、アメリカでも人気アーティストの楽曲の“空耳”事案が話題になっている。

その主役は、若い世代を中心に絶大な人気を誇る歌手、テイラー・スウィフト。2014年に発売されたアルバム『1989』に収録され、同年11月にシングルカットされた『Blank Space』という楽曲に、とある“空耳”フレーズが潜んでいる。

それは、サビに2回登場する「a long list of ex-lovers」という箇所だ。「長い元カレのリスト」という意味のフレーズだが、これが「lonely Starbucks lovers」、ロンリースターバックスラバーズ(孤独なスターバックス愛好者)に聞こえるのだ。

しかも、“空耳アワー”のように「日本人にはそう聞こえる」というものではなく、アメリカのネイティブスピーカーたちが「ロンリースターバックスラバーズに聞こえる!」と騒いでいたのである。

この“疑惑”を受け、テイラー・スウィフト本人がバレンタインデーにFacebookやTwitter上で送ったメッセージがファンを喜ばせた。テイラーは、以下のようにポストしている。

「Sending my love to all the lonely Starbucks lovers out there this Valentine’s Day…..even though that is not the correct lyric.」

「このバレンタインデーに、すべての孤独なスターバックスを愛する人たちに私から愛を送るわ。…あれは正しい歌詞じゃないんだけどね」と、空耳の“疑惑”にあえて乗っかったのである。

テイラーのこの粋なメッセージに、Facebookでの「いいね!」の数は実に約48万。リツイート数も、11万2000を超えている(2月20日時点)。そして、Twitter上ではスターバックスコーヒーの公式アカウントが「待って、違ったの?」(Wait, it’s not?)と返しており、いかにもアメリカらしいユーモア展開を見せている。

ファンの“空耳”に、アーティスト本人が反応する…。そんな同じような現象が、日米で同時期に起きていたというわけだ。

※画像はYouTube「Taylor Swift – Blank Space 」のスクリーンショットです

(文/しらべぇ編集部

あなたにオススメ