週刊誌の芸能人スキャンダルってどこまで本当?現役記者がズバリ回答!「99%は…」

しらべぇ0308アイドル

画像をもっと見る

 

■週刊誌のアイドルスキャンダルって本当なの?

週刊誌の記事がきっかけでタレントやアイドルのスキャンダルが発覚することは少なくありません。発覚後、所属事務所やタレント本人が記事内容について弁解をするケースは多く、ここで彼らが口にするのが「事実無根である」「一部事実も含まれるが、そうでない箇所もある」など、概ね記事内容を否定する言葉です。

こうした状況もあり、視聴者やアイドルファンのなかには「週刊誌の情報は信じない」「週刊誌はウソばかり流している」と考えている人も少なくないのではないでしょうか。

とは言え、当事者である記者やタレント本人がどこまで本当のことを言っているのかがわからない以上、一般の視聴者は記事内容を完全に信じきることも、あるいはまったく信じないこともできないのではないでしょうか。

関連記事:【法律コラム】損害賠償だけではすまない!? アイドル・芸能人の合成写真は犯罪か?

 

■99%は本当。理由に納得!

そこで今回は、超有名週刊誌で記者を務めるAさん(30代・男性)から、匿名を絶対条件に週刊誌が流す芸能人のスキャンダル情報の信ぴょう性について、その真相を聞いてみました。

 ―ズバリ、芸能人の恋愛スキャンダルは本当なんですか?

99%本当です。とは言え、これを言うだけでは信じてもらえないでしょう。なぜ99%本当なのかは、記事ができるプロセスを説明すれば納得していただけると思います。

 ―記事ができるプロセスとは?

いくらマスコミといえど、我々は一つの企業であり、私はその社員です。たとえば、アイドルのスキャンダルが発覚したとして、それを記事にしようとしますよね? その際、まずは上司であるデスクや編集長にその情報を載せてよいのか許可をもらいます。これは一般企業における上司への「ホウレンソウ」と同じです。このときに、私たちは上司から情報の根拠をしっかり確認されます。

しらべぇ0308アイドル2

■「ウソの情報を流そうとしても困難」

 ―どれほど確認されるのですか?

その情報は誰から聞いたのか、記事に載せるかは別にして裏付けとなる写真は持っているかなど多岐に渡ります。つまり、ウソの情報を流そうとしても、上司の厳しいチェックにより、それは事実上困難なんです。

 ―その裏付けはどれほど正しいんですか?

単にネットの情報や一般の方からの情報だけではほとんど裏付けになりません。たとえば、アイドルのスキャンダルならば、そのアイドルとお泊りした男性本人、もしくは彼の親友、アイドルユニットの他のメンバーに直接会って話を聞くレベルでないと「裏付け」にはならないんです。

■「事実無根のことを書いたら訴訟リスクがある」

 ―かなり根拠にもとづいているということですね。

これは冷静に考えてみればわかると思います。事実無根のことを書いたら訴訟リスクがありますし、私たちは社内で仕事ができなくなります。信ぴょう性がない記事を量産していれば売上も落ちますよね。メーカーの社員が、入金の見込みが薄い怪しい企業と取引しないのと一緒ですよ。

 ―つまり、アイドルなどのスキャンダル情報はほぼ本当ということですか?

99%本当です。のこりの1%は、情報提供者がなんらかの理由で精巧にウソ情報をつくりあげたときくらいでしょうか。しかし経験上、それはほとんどあり得ません。そもそも、私たち記者がそれをもっとも厳しくチェックしますから。

Aさんの話を効く限り、週刊誌がウソの情報を流す合理性はほとんどないことがわかります。ウソの情報を流せば、次第に媒体の信用性が失われ、週刊誌が廃刊に追い込まれるリスクすらあります。これまで「週刊誌の情報は一切信用しない」という人は「本当にあるのかもしれない」と思って記事に目を通してみると面白い発見があるかもしれません。

(文/しらべぇ編集部

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

雑誌アイドル芸能人マスコミスキャンダル週刊誌
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング