【グルメ】素晴らしい創造性!沖縄・那覇市内の絶品創作料理(勝手に)TOP5

グルメ

2015/03/09 10:00

top

沖縄県内随一の都会、那覇。これまで様々な沖縄グルメを紹介してきたが、今回のテーマは、那覇市内のグルメだ。

先日開催された「わったー那覇めしグランプリ2015」には、那覇市内の意外なグルメが集結していた。沖縄らしからぬ創作料理の数々は県民の胃袋をグッと掴み、店によっては行列も! 今回は、そんなイベント会場で発見した斬新な那覇市内のグルメを勝手にランキングしてみた。


画像をもっと見る

 

●5位:うむくじボール

5
沖縄方言では芋の葛を「うむくじ」といい、この店ではさつま芋を使用。芋ともち粉を混ぜた生地の中に沖縄の油みそやチーズを入れて油で揚げている。楊枝には4種の味を書いた旗をつけ、外観はたこ焼き風というアイデアグルメだ。

【4種類の味】
・ニラとあぶらみそ
・チーズとバジル
・ゴマとバナナ
・エビチリ

※酒肴飯まる清:
那覇市松山2‐21‐19/098‐869‐4280/18:00~24:00/日曜定休


関連記事:【絶品】ホットドッグはソーセージで選べ! 春までに押さえたいホットドッグ新事情

 

●4位:ぐるくんのウニソース焼き

4
伊勢海老のウニソース焼きはときどき見かけるが、これは沖縄で定番の魚・グルクン(タカサゴ)の唐揚げにウニソースをかけたもの。パリっと油で揚げた魚のサクサク感と、とろけるウニソースの味わい…まさに長年連れ添った老夫婦のような相性の良さだ。

※パーラーじゅんちゃん:
那覇市泊1‐22‐1/098‐863‐5222/16:00~24:00/日曜定休


●3位:焦がしマヨネーズ&炭火照り焼きチキンパンケーキ

3
牛乳と豆乳を使ったオリジナル生地のパンケーキ。照り焼き味の炭焼きチキンとチーズを乗せてオーブンで焼き、最後にバナーで炙って焦げ目をつける。パンケーキの甘さに照り焼きチキンが絶妙にマッチしたおやつ感覚で食べられるグルメ。

※沖縄料理と地頭鶏 炎:
那覇市久茂地2‐11‐16/098‐860‐9040/月~木:17:30~3:00、金土祝前日:17:30~5:00/日祝:17:30~1:30/年中無休


●2位:チーズとろけるトマトラーメン

2
宮崎地鶏を使った鶏がらスープをベースに、イタリア産のトマト缶や野菜が入ったトマトスープ。店舗で製麺している自家製麺は太麺、細麺、平麺の3種類。たっぷりの粉チーズ、フライドオニオンやパセリをトッピングしたイタリアン風ラーメン。

7
こちらは、宮崎地鶏を使った鶏がらスープ。

※自家製麺 登竜門:
那覇市久茂地 2‐11‐16/098‐988‐0044/11:30~翌5:00/日曜定休


●1位:熟成牛のチーズデミグラスソース DE 塩パン添え

1
特注の約3cmの厚切り食パンは、軽くトーストしてからたっぷりとバターを塗っている。野菜のブイオンと熟成牛の旨みを凝縮したデミグラスソースは、1日寝かせてから翌日再度火入れして仕上げる。

パンにデミグラスソースをつけて食べると、脇役の個性派俳優並みにパンのバターが際立ち、より濃厚な味に。

※くいもの市場むとう:
那覇市松山2‐6‐1/098‐863‐4808/18:00~翌1:00/日曜定休


●番外編!青島(チンタオ)の熱心水餃子

6
知る人ぞ知る、那覇市内にある餃子が有名な店「西屋」の系列店。厚みのある皮に豚肉、白菜、ニラを入れた餃子は全て手作り。だしが効いたスープはそのままでもおいしく、自家製の食べるラー油を入れるとこれまた絶品に。

※青島(チンタオ)
那覇市松山2‐14‐1/098‐867‐7645/18:00~翌3:00/年中無休

わったー那覇めしグランプリ2015」は、会場内で食事をした方々の一般投票によりグランプリが決まる。ランキングの発表が待ち遠しいところだ!

(文/しらべぇ沖縄支部・miya‐nee