馬券販売額が過去最高を記録した「ばんえい競馬」って?世界で唯一のレースが開催!

北海道帯広市には世界で唯一の「ばんえい競馬」が開催されています。ばんえい競馬とは、レースは馬が鉄ソリを引きながら、障害として作られた2つの坂を乗り越えていくというユニークなスタイルの競馬。

皆さんが知っているスマートで細マッチョ系の馬が走る競馬とは違い、スピードよりも馬の力強さを感じることができます。今回は、ばんえい競馬の歴史と魅力を紹介します。

 

歴史は?

0324しらべぇ「ばんえい競馬」㈰
まずは簡単な歴史から。その始まりは北海道開拓時代に活躍した農耕馬で、農民たちがお祭りとして行ったレースだそうです。それがルールなどを含めてしっかりと形式化され、現代のようなレースとして開催されるようになりました。

今では世界で唯一の重りを乗せた鉄ソリを引いて行う競馬レースとして、国内外から多くの観光客が訪れるそうです

 

馬が大きい!

0324しらべぇ「ばんえい競馬」㈪
馬の体重はなんと、およそ1トンもあり、普通の競馬で走るサラブレッドの2倍近くというから驚きです! 重い鉄ソリを引っ張りながら走り続ける必要があるので、自然とそのような馬が選ばれるとか。

例えるならば、普通の競馬は「陸上選手」で、ばんえい競馬は「ラグビー選手」のような馬が活躍するイメージでしょうか。おそらく初めて見る人は、その大きさと迫力にレース前から驚いてしまうと思います。

応援に一層熱が入る!

0324しらべぇ「ばんえい競馬」㈫

ばんえい競馬は、スタートの合図で華麗に颯爽と騎手を乗せた馬たちが駆け出していく…、わけではありません。馬が引く鉄ソリの重さは480キロから最大1トン。当然、スマートに走るなんてことはできません。

馬たちが障害物の坂を一生懸命、一歩一歩乗り越えようとする姿を見ると思わず「頑張れ! あと少し!」と応援にも熱が入ります。ひた向きにゴールを目指す様子を見ていると、初めて歩こうとしている子供を陰で見守る親の心境のようになることも。

ばんえい競馬は、近頃ますます注目が集まっているらしく、2014年度の馬券販売額が過去最高の129億5089万円を記録しました。その迫力は間違いなく多くの人を魅了していると言えそうですね、機会があれば覗きに行ってみてはいかがでしょうか?

Photo by urasimaru

(文/しらべぇ編集部・八木彩香

あなたにオススメ