お尻を最高に美しく盛るアイテム「ヒップパッド」って? 海外ではSNSでお尻自慢!

sirabee_hip

Photo by Gareth Williams on Flickr

自撮りを意味する「セルフィー(selfie)」という言葉、聞いたことありますよね? では、「ベルフィー」はご存知でしょうか?

「ベルフィー(belfie)」とは、数年前から海外で流行語となっている、「お尻」を意味する「Butt」と「Selfie」を掛け合わせた造語です。リアーナやジェニファー・ロペスといった女性セレブリティ―をはじめ、今、海外のセクシーな女性たちがこぞって自慢の“ベルフィー”をSNSにアップしています。

Emerald Green and its PUCCI… two of my faves

Jennifer Lopezさん(@jlo)が投稿した写真 –

日本の女性の多くは、「お尻の自撮りはちょっと…」と尻ごみしてしまうでしょう…。しかし、挑戦してみれば新たな世界や楽しみが発見できるかも!? そこで今回は、ベルフィーを上手に撮るためのテクやアイテムを紹介しましょう。

 

■海外女性のベルフィーから学ぶ、セクシー尻撮りテク

●セクシーさは曲線から!

まず大事なのは、体の重心を左右どちらかに乗せ切ることです。

仁王立ちで撮影に挑むのではなく、例えば右脚の膝を曲げたら左脚に全体重を乗せ、腰を左にこれでもかというほど突き出してみます。体重を左右どちらかに乗せることで、ボディーラインの曲線が強調され、これだけでグッとセクシーな印象に。

●見せつけるべきは、山脈部分?!

ポイントは、カメラや鏡に向かって完全に後ろを向くのではなく、斜め後ろに向くこと。そうすることによって、お尻の最も盛り上がっている場所である割れ目から少し外側の部分、お尻の“山脈”部分を見せつけることができるのです!

真横から見るとペタンコに見えてしまうお尻でも、斜め後ろ向きから振り返って撮ってみると、不思議とセクシーに見えるでしょう。

●座って撮るときは叶姉妹流「叶座り」で

立ったままお尻を突き出すのは難易度が高めかもしれませんが、座ってみると、お尻を目いっぱい突き出してセクシーさを演出やすくなります

この際は、ぜひ「叶座り」で! これは、叶姉妹が「美しいお尻のカタチを維持するために実践している」とブログで紹介している座り方ですが、お尻を突き出すようにしてから着地させ、座った時、お尻全体ではなくお尻と太ももの間に体の重心がくるように座るという座り方です。

 

■お手軽、簡単! シークレット“尻盛り”アイテム

老舗下着メーカーの「ワコール」や若い女性を中心に大人気の「ピーチ・ジョン」などからも販売されている盛りアイテム、「ヒップパッド」。いま、胸だけでなく、“お尻を盛るためのアイテム”も売られているのです。

sirabee_hippad

(画像出典:Amazon

種類は、ブラパッドのお尻版のような形状でお尻にそのままくっつけ使用するシリコン状タイプや、お尻部分にパッドが入った普通のショーツのように履くタイプのものがあり、これを身につけるだけで簡単にボリュームアップ!きれいな上向きヒップを手に入れることができます。1000円代のものが多数用意されており、お財布にも優しいのが嬉しいですね。

これからの薄着の季節に向けたカラダ作りやダイエットのモチベーションとして、はたまた彼氏や旦那様を喜ばせるサプライズとして、“勝負ベルフィー”に挑んでみてはいかがでしょうか?

(文/しらべぇ編集部・魔愚陀裸之マリア

あなたにオススメ