【独自の文化】名古屋発のコーヒー店が近所にできたらまず試したい3大名物メニュー

モーニングや過剰サービスがたびたび話題になる、名古屋エリアの喫茶文化。それを牽引する名古屋発祥の老舗コーヒーチェーン店は、今や観光地的な人気。

また、「珈琲所コメダ珈琲店」は、北は仙台、南は佐賀まで出店を拡大中コメダに続けと関東進出に力を入れる「支留比亜珈琲店」、名古屋市内のみの展開だが存在感が光る「コンパル」

サードウェーブコーヒー大ブームにも通じる、名古屋3大老舗喫茶店の名物メニューを紹介したい。


 

①珈琲所コメダ珈琲店

コメダ珈琲

画面はスクリーンショットです

いわずと知れた「シロノワール」。白いソフトクリームのヒヤッと感と、熱々に焼かれ、サクサク食感も楽しめるデニッシュ生地のパン。

ちなみに、コメダのパンは一部地域を除いて自社製造だそう。別に出されるシロップを思う存分かけて食べるオリジナルメニュー。

その熱々と冷々のコントラストは、コメダ珈琲店ホームページで「コメダの奥義」として紹介されている。ボリュームがあるため、女性ひとりのランチならこれだけで十分すぎるほど。

おやつの時間にお茶をするなら、ミニシロノワールがおすすめ。

sirabee_komeda6_20150330

画像はスクリーンショットです


関連記事:【激モテの秘訣】アレを上手にいれるだけ!めざせ「ドリップ男子」

 

②支留比亜珈琲店

名古屋コーヒー

画像はスクリーンショットです

店名の「支留比亜」「しるびあ」と読む。こちらの名物メニューは、メニューにも「ここでしか食べられない」とうたう「カルボトースト」

トーストにたっぷりとかけられているのは、カルボナーラのソース。そこに、ハム、玉ねぎ、マッシュルームにピーマンが入って、胡椒が効いている。

sirabee_komeda_20150330

なぜパスタではなくトーストが浸っているのか、不思議なほどカルボナーラの味である。たっぷりのソースは、他のサンドイッチやトーストメニューにつけて食べれば二度おいしい。

食べるときはナイフフォークで。

sirabeed_komeda2_20150330


③コンパル

昭和22年創業。現在は名古屋市内に9店舗展開するのみだが、25種類ものサンドイッチメニューは圧巻だ。

なかでも名物の「エビフライサンド」はテイクアウトでも人気が高く、名古屋駅地下のメイチカ店で買って、そのまま新幹線へ、というファンも多い。

sirabee_komeda7_20150330

プリプリのエビを使ったエビフライが3本も入っているだけでなく、薄めのオムレツとたっぷりのキャベツ。

それらを、甘辛のカツソースとタルタルソースでまとめているボリューミーなサンドイッチ、ソースは全て自社オリジナルレシピというこだわりが、根強いファンの心を掴んで離さない理由だろう。

sirabee_komeda3_20150330

「名古屋に行ったら」だけでなく、ぜひお近くの店舗でも、名古屋発祥の一味変わった名物メニューを試してみてほしい。


【喫茶所コメダ珈琲店】
シロノワール 590円(税別)
ミニシロノワール 390円(税別)

【支留比亜珈琲店】
カルボトースト 580円(税別)

【コンパル】
エビフライサンド 930円(税別)

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤コボ


あなたにオススメ