今年一度も自動販売機で飲み物を買っていない人は29.1%!理由はコンビニのコーヒー?

しらべぇ0402自動販売機

©iStock.com/Goddard_Photography

駅やビル・路上などに設置されている飲み物の自動販売機。ちょっと喉が渇いた時などにレジに並ばなくてもサッと飲み物が買えるので便利ですよね。最近ではオフィスの中に導入している企業も多くなってきました。

そんな自動販売機、皆さんはどれくらいの頻度で利用していますか? しらべぇ編集部では、20代〜60代男女1658名に「2015年になってから、一度も自動販売機で飲み物を買っていない」という内容でアンケートをとってみました。気になる結果がこちらです。

【2015年になってから、一度も自動販売機で飲み物を買っていない】

sirabee_jihanki_201504021000graph-1

はい:29.1%
いいえ:70.9%

なんと、約3割の方が「今年、自販機で飲み物を買ってない」という結果となりました! 人数に直すと、1658名中482名です。これだけ多いのはちょっと驚きの結果ではないでしょうか。続いて、年代別の結果を見ていきたいと思います。

《男女世代別》

男性

sirabee_jihanki_201504021000graph-2

女性
sirabee_jihanki_201504021000graph-3

女性はどの世代も3割以上は「買っていない」ことがわかりました。男性も「買っていない」割合が高いのが20・30代というのが興味深いですね。

自動販売機で飲み物を購入しない理由が気になったので、都内に住む外資系会社の営業(29歳)の友人に理由を聞いてみると…

「自販機で買うとしてもコーヒーだけど、コンビニでドリップコーヒーを買うようになってから自販機で買うことがなくなった」

とのこと。ほかにも、知人4名に話を聞いてみましたが

・ コンビニやスターバックスなどでコーヒーを買うから 1名
・ 缶やペットボトルの飲み物を買うのはお金がもったいない 3名

といった理由でした。「缶やペットボトルの飲み物を買うのはお金がもったいない」は自動販売機に限った話ではありませんが、「コンビニのドリップコーヒーをキッカケに自動販売機で飲み物を買わなくなった」というのは言われてみれば納得の理由ですね。

少し前にネスレが缶コーヒーの事業から撤退することが話題になりました。コンビニが増え、路上の自動販売機の数が減少していることも撤退理由の1つのようです。今回の調査でも約3割が自動販売機を使っていない結果がでていますし、自動販売機ビジネスの転換点かもしれません。


(文/しらべぇ編集部・砂流恵介

しらべぇアプリを今すぐダウンロード

アンドロイド版はこちら


qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年3月20日~2015年3月23日
対象:全国20代~60代男女計1658名

あなたにオススメ