Twitterで日本代表戦の反応を分析したら…やっぱりあの選手がダントツだった

2015/04/04 20:00

しらべぇ0406二本代表5©iStock.com/jSergey Nivens

3月27日に行われたサッカー日本代表対チュニジア代表戦

今回は、監督も新たに日本代表がどんな戦いを見せるのか固唾をのんで観戦していたサポーターたちの盛り上がりがどんなものだったのか、Twitterを分析して振り返ってみようと思います。

振り返るにあたり、スポーツデータの取得・分析・コンテンツ開発を手がけるデータスタジアム株式会社の広報・細田さんに協力していただき、分析結果を一緒に眺めてもらいました。


画像をもっと見る

 

■ざわつくスタメン発表。そして20時53分に期待値爆発!

しらべぇ二本代表3©iStock.com/jacktheflipper

まず、試合開始前に大きな話題の山が出来たのが19時15分頃のスタメン発表です。本田や香川、川島といった見慣れた選手の名前が無かったことでハリル新監督の采配について反応するツイートの山が出来ました。

― 「川又」や「永井」といった選手の名前に驚くツイートが多かったのですが、これは、サポーターにとって意外だったという事ですか?

「意外でしたね。ある程度予想はされていたようですが、今までのスターティングメンバーとは大きく違い、Jリーグで活躍する選手が多く選ばれていました」(細田さん)

― 今回は、ツイートの中のいろんな文脈で多用された“笑”という文字の数をサポーターの感情バロメーターとしてグラフに重ねてみました。

「得点などのイベントのときにツイート数が増えるのはわかりますが、つぶやいている方たちがどんなところに注目して“笑”となっているのか気になりますね」(細田さん)

20時53分大きなツイートの山が来ますが、ここはスタメンに居なかった本田香川が満を持して投入されたタイミングです。

https://twitter.com/OjimaSoccer/status/581423706762649601

https://twitter.com/LoLoamo41/status/581423861763215361

このような感情バロメーター“笑”の使用頻度からも、相当な興奮と期待感にサポーターは包まれていたことが分かりますね。


しらべぇ0406日本代表

その後、岡崎本田相次ぐ得点でツイートが大きく盛り上がったのはご覧のとおりです。

感情バロメーターに注目すると、岡崎先制得点の時に多くのサポーターが“笑”を使ったものの中には、ハリル監督の喜びようを見てツイートされたものも多く見受けられたのが気になりました。

https://twitter.com/R18687154/status/581412264617467904

https://twitter.com/FN0811/status/581428603826536449

ハリル監督は初戦で、サポーターのキモチをつかめたのかもしれません。


関連記事:【最終結論】男性の薄毛を◯割の女性が「付き合うのにマイナス」と回答

 

■いつでも注目されているのは本田選手

 ツイートの盛り上がりを一緒に振り返っていただいて、気付かれた事って何かありますか?

「やはり試合中は大きな動きがなく、交代や得点のときにツイート数が増えています。サッカーはなかなか目が離せないスポーツなのでこのような推移になるのだと思いますが、別のスポーツの試合中の推移と比較しても面白いかもしれませんね。


あとは、ゴール時のツイート数を加味しても、やはり本田選手はいつでも注目されている選手だということがわかりました」(細田さん)

しらべぇ0406日本代表2

■調査概要
3月27日に行われたサッカー日本代表対チュニジア戦においてリアルタイムにツイートされたTwitterデータを対象に、データスタジアム株式会社監修のキーワードリストを用いて、その出現数や推移について可視化。
(文/かっこ株式会社・成田武雄 協力:データスタジアム株式会社)

しらべぇアプリを今すぐダウンロード

アンドロイド版はこちら

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

Twitterかっこ株式会社サッカー調査データスタジアム株式会社
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング