思わぬ副作用もある「暗闇ごはん」 【あやしい取材に逝ってきました】

コラム

2015/04/12 20:00

しらべぇ0409小沢1

しらべぇ0409小沢2

しらべぇ0409小沢3

しらべぇ0409小沢4


 

■「感覚」ってあやしい

食べるって行為は能動的じゃなかったのか。そう疑うくらい、何を食べているのかわからなかった、暗闇ごはん。毎日、好きなメニューを選んで、おいしく食事していると思っていたのに。味覚がこんなにあやふやなら、ほかの感覚だってあやしいもんだ。

視覚、聴覚、触覚。嗅覚にいたっては、全然きいちゃいないんじゃないか。と、マジメな感想はここまでで、この日驚いた話を、もうひとつしたい。

前月に、やはり取材で「マッチョバスツアー」なるものに参加した。ボディービルダーにお姫さま抱っこしてもらったり、一緒にカレーを作ったりという、乙女の夢だか悪夢だかわからないイベントだ。そこで一緒だった参加者が2人、偶然、この暗闇ごはんにも来ていたのである。

精進料理とマッチョという振れ幅…。彼女たちの五感はわからぬが、おもしろいことを感知する第六感は、めちゃくちゃ発達していているんだろうな。

(漫画/ 小沢カオル月刊エレガンスイブ しらべぇ出張版『あやしい取材に逝ってきました。』


あなたにオススメ