【並んでるのは地元民だけ!】行くなら今のうち!新・福岡みやげ3選を全公開

グルメ

2015/05/26 09:00

いま、九州・博多でほとんど地元民しか知らない「軽食系お土産」をご存知でしょうか?

画像をもっと見る

 

1. 博多駅に立ち込める甘い香りの正体

しらべぇ0526クロワッサン

福岡では知らない人はいない名物クロワッサンの「MIGNON(ミニヨン)」

しらべぇ0526クロワッサン2

北九州を中心にパンの製造販売を行っているクラウン製パンが展開しているミニクロワッサン専門店で、手のひらサイズのちょうどいいクロワッサンが1個から注文可能です。

一番人気のチョコ、ベーシックなおいしさのプレーン、ほくほくおいもの餡がほっこりするさつまいも、新発売の明太子とあれこれ迷ってしまっても、ひとつひとつが小さいから全種類コンプリートできちゃいます。

博多駅改札を通って甘い香りがすれば、その正体はもれなくこのミニヨン。

関連記事:【100円以下グルメ】福岡・博多で大行列!名物パン屋「シロヤ」ブームがきてる?

 

2. たい焼きならぬムツゴロウ焼き?

しらべぇ0526クロワッサン3 日本人の小腹を満たしてきたアツアツな魚といえば全国どこでも「たい焼き」ですが、ここ博多では「ムツゴロウ」

しらべぇ0526クロワッサン5

なんでも、長崎県諫早市出身の発案者の方が地元諫早の干潟への愛・減っていくムツゴロウを形にして残したいという思いからこの形になったという“ムツゴロウ万十”、通称「むっちゃん万十」。

たい焼きよりもソフトでしっとりな生地の中には、意外にもお惣菜系のハムエッグやマヨネーズ、ウインナー、タコ焼きに近い“ごろごろちゃん”などのメニューが多く、甘い物が苦手な人にもOKな味。

また、たい焼きほど大きくなくペロっといけちゃうので、学校帰りによく食べた、という博多っ子も多いものです。

1つ130円~という手ごろさも魅力のひとつ!お店は違えど福岡市内にはいくつもお店があるので、食べ比べてもいいかも。


3. パンの端までぎっしり明太子が!

しらべぇ0526明太子

福岡といえばやっぱり明太子!ということで、最近口コミで広まりブームとなっている人気の明太フランスがこちら。

しらべぇ0526明太子2

もともと市中心部から離れた場所に店舗を構えていた人気ベーカリー「Full Full(フルフル)」が街の中心地区「天神」にオープンさせたのが福岡市役所すぐそばの「Full Full 天神パン工房」。

2014年9月にオープンさせて以来、連日すぐに完売してしまうほどの人気ぶりとなっています。

一番人気の明太フランス(380円)は大きくてもちもちのフランスパンに厳選された明太子とバターが端から端までギュッと詰まっていて、食べ始めから最後まで大満足!結構なボリュームなので、これ一つでおなか一杯になってしまいます。

(文/しらべぇ編集部・ODY

 ■店舗情報
「MIGNON(ミニヨン)博多店」
住所:博多駅構内 中央改札口すぐ
営業時間:7:00~23:00


「むっちゃん万十博多バスターミナル店」
住所:博多バスターミナル1階
営業時間:10:00~20:00

 

「Full Full 天神パン工房」
住所:福岡県福岡市中央区天神1-10-13 天神MMTビル 1F
営業時間:11:00~19:00