社内恋愛で「モテる秘訣」が判明! 話題のドラマでも証明されたポイントとは?

社内恋愛でモテるためには、「まず仕事を頑張る」のがいちばんの近道なのかもしれない。

医師たちの恋愛事情

画像はスクリーンショットです

近ごろは男女が出会う場所も多様化しているように見えるが、やはり有力なのが「社内恋愛」。

たとえば、しらべぇが以前お伝えした調査結果では、不倫の恋においては男性の4割、女性の6割が「職場で相手を見つけている」ことがわかった。

では、社内恋愛でモテる秘訣はあるのだろうか? 全国20〜60代で「社内恋愛をしたことがある」1012名に「魅力を感じたポイント」についてアンケートを実施した。

 

■男性が魅力を感じるのは「愛嬌→仕事できる」

社内恋愛男性

男性の1位は、やはり「愛嬌」。かわいくて、よく気が回る姿が、仕事ぶりから見えるのかもしれない。

それと近い数値が出たのが、意外にも「仕事ができる」こと。共働き率も上がり、バリバリ仕事をする女性も増えつつある昨今、「できる女性」はかなり魅力的なようだ。

とはいえ、女性の給料にはあまり期待しておらず、出世していることは逆にネガティブに働くのがわかる。

 

■女性が魅力を感じるのは圧倒的に「仕事ができる男」

社内恋愛女性

社内恋愛をした女性の95%以上が「惹かれた」と答えたのは、「仕事ぶり」。給料や愛嬌、出世よりも群を抜いている。

 

■仕事ができる→さまざまな連想が?

仕事ができる異性は、なぜここまで魅力的なのだろうか? 生の声を聞いてみた。

仕事ができる=よく気づく人だと思う。細部まで目が行き届いていたり、相手に奉仕しようという気持ちが強い気がする。そのせいか、周りの評判もいいし(20代・女性)

 

仕事ができる姿をみると、「セックスもすごくいいんだろうな」と妄想をかきたてられます(30代・男性)

 

仕事とは、お客さまのニーズを満たすこと。だから、できる女性は「つきあった男のニーズ」にも的確に答えてくれそうだから。セックスも上手そう(40代・男性)

 

できる女性の魅力は、「的確な判断力」「常識的」「妥協しない」こと。ちなみに、今の嫁は職場結婚。パンツスタイルのスーツ姿がかっこよかったんです(40代・男性)

バリバリ働いているから出世しそう…というだけでなく、仕事ぶりが他の魅力を連想させるようだ。

 

■ドラマの社内恋愛でもモテる秘訣は「仕事ぶり」?

斎藤工

画像はスクリーンショットです

この4月からオンエアされ、医療現場でのさまざまな恋愛模様を描いて話題を呼んでいるドラマ『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系/木曜夜10時〜)。

命を救う聖職でありながら、不倫あり、それゆえの許されぬ妊娠あり、セックス依存症あり…というドロドロの中で、主演の斎藤工と石田ゆり子は、どちらも「恋より仕事」「使命感にバリバリ燃える」仕事人間だ。

斎藤工演じる守田は、こうした職場の中で衝突しつつも、ひたむきに仕事に打ち込む姿に、年上の千鶴(石田ゆり子)が徐々に惹かれていく様子が描かれている。

やはり、社内恋愛でモテるためには、「まず仕事を頑張る」のがいちばんの近道なのかもしれない。

緊迫した命の現場で恋愛感情がもつれ合う『医師たちの恋愛事情』第8話は、明日、5月28日(木)夜10時から放送される。

(文/しらべぇ編集部 提供/フジテレビ