好きなマンガを聞かれて超メジャー作品を答えたら「にわか認定」される確率◯%!

70ce4e20f1f090d38b05804ad5194159_s

「ねぇ、趣味はなに?」

 

「マンガを読むこと、かな」

 

「そうなんだ!どんなマンガが好きなの?」

 

「うーん、『ワンピース』とか」

 

(え?ほんとに趣味なの…?)

あなたはこんな会話をした、または聞いたことはありませんか?

 

■「趣味はマンガを読むこと」発言に潜むリスク

冒頭のような会話は、どれくらいなされているのでしょう。しらべぇ編集部ではアンケート調査を実施。

Q. 「マンガが好き」という人に好きなマンガのタイトルを聞いたら、誰もが知っているメジャーな作品ばかりだったという経験がある。

manga_niwaka_sirabee

約3人に1人が経験があるようです。そう答えた人はどう思われているのかについても聞いてみました。

 

Q. 「マンガが好き」という人が好きなマンガのタイトルを聞かれて、誰もが知っているメジャーな作品ばかり答えていたら、「たいしてマンガ好きではないのでは?」と思ってしまう。

図2

約半数の人が「にわか認定」を下してしまうことが判明しました。

 

「そう思う」という人に意見を聞いたところ

本当に好きなのかもしれないが、「にわかなのでは」と思ってしまう。(30代男性・会社員)

 

何が好きでも別に問題はないが、わざわざ会話するほどの内容ではない。(20代男性・エンジニア)

 

どうせなら知らない作品を教えてくれた方が、好感がもてる。(20代女性・アルバイト)

と厳しい意見が多く、どうやら「マンガが好き」「マンガを読むのが趣味」と発言するのは、いつの間にかハードルを上げてしまうようです。

 

■自他ともに認めるマンガ好きとは?

「もしかしたら私も…」と思い当たる人はどうすればいいのでしょうか?

もし話し相手が真のマンガ好きだった時、「にわか認定」されるよりかは、認められてマンガ談義に花を咲かせたいもの。

そんな自他ともに認める「マンガ好き」になるためにおすすめなのが、eBookJapanというサービス。

本屋に行かなくても、漫画の新しい情報をいち早くキャッチすることができ、購入もできる上、今なら50%ポイント還元キャンペーン中なので、マンガの世界にどっぷりハマれますよ!

ちなみに、eBookJapanの人が選定する、「マンガ好きを名乗るのに、押さえておきたい6作品」を教えてもらったので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

いぬやしき

『いぬやしき』
『GANTZ』作者の奥浩哉がおくる、全く新しい世界!

うしおととら

『うしおととら』
「完結の仕方が素晴らしいマンガ」でたびたび挙げられる本作品。
名作として語り継がれるにはワケがあります・・・!

ドリフターズ

『ドリフターズ』
隠れた名作「ヘルシング」作者、平野耕太が描く新世界マンガ。

悪の華

『惡の華』
奇才・押見修造が描く背徳的純愛ストーリー!

銀と金

『銀と金』
名作タイトル「カイジ」の作者、福本伸行が描く心理賭博コミック。

蒼天航路

『蒼天航路』
数ある三国志マンガの中で主人公に「曹操」を選んだのはこの作品だけ?
戦略的な兵法から男の情熱までが一気に学べる本作品。

(文/しらべぇ編集部 提供/eBookJapan

qzoo 【調査概要】
 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
 調査期間:2015年5月14日~2015年5月17日
 対象:全国20代~30代男女計422名