【未体験が7割】歴史好きは押さえておきたい「講談」の魅力とは?

 sirabee0615sishou.jpg

講談という伝統話芸を、聞いたことはありますか?

座布団の前に、釈台(しゃくだい)という台を置き、張り扇小拍子でリズムを取りながら歴史物を語る芸能のことで、筆者の本業です。

落語と違い、オチはありません。聞くには少し歴史の知識が要求されますが、心地よいリズムのとりこになる人も多いんですよ。

成立は落語や浪曲よりも古く、安土桃山時代にまでさかのぼります。

赤松法印というお坊さんが、徳川家康の前で『太平記』を講じたのが始まりだといわれていて、同じ頃に発生した芸能だと、歌舞伎があります。

sirabee0616koudan1画像出典:Amazon

そんな歴史深い演芸、講談を聞いたことがある人は、どれぐらいいるのでしょうか。


画像をもっと見る

 

■東京・大阪では聞いてる人が多い?

sirabee0616koudan1-2

結果、26.4%と聞いたことがある人は少数派。以前、落語の認知度を調査した際は47%だったので、完敗です。

とはいえ、講談師の多くが住む東京では31.1%大阪では31.9%という、全国平均より少し高い結果が。

また、年代別だと、60代以上の男性の48.8%が聞いたことがあると回答。講談会での客層を見ると、納得の数字ではあります。

ちなみに、こちらの一龍斎貞鏡さんは、親子三代で講談師のお家で、おっかけもいる人気者。


関連記事:【来年の大河ドラマ舞台】堺雅人演じる「真田幸村」ゆかりの地を探訪!

 

■講談ってどこで聞けるの?

sirabee0615kouza

もっと多くの方に聞いてもらいたい講談。では、どこで聞けるのでしょうか。

今は、定席がなくなり、ココといった会場はありませんが、各地で講談会は開かれています。

予定は、関東なら講談協会と日本講談協会のウエブサイトを参考に、関西なら各上方講談師のHPを参照ください。

sirabee0616koudan1-3画像はスクリーンショット

講談を聞きに来る際の注意点は、とくにありません。

「携帯電話などは、マナーモードにしておく」

「公演中に、カメラで撮影をしない」

といった一般常識を守っていただければ、どなたでも大歓迎

講談師を自分の街に呼ぶことも可能です。料金は、法外な値段はふっかけません。呼びたい講談師に、気軽に問い合わせしてみてください。

400年以上の時を経てなお愛され続ける大衆芸能に、心奪われる人が増えますように。

(文/しらべぇ編集部・旭堂花鱗