【女性に調査で判明】「仕事と私、どっちが大事なの?」の質問には答えるべからず!

sirabee_A man is stressed out by his partner

©iStock / phildate

時代が変われど、永遠に分かり合えないもののひとつ、それが“男女関係”。さらに、それを象徴する代表的なセリフが、女性から放たれる「仕事と私、どっちが大事なの?」という質問ではないでしょうか。

交際している女性からこのセリフが出てこないことが理想ではありますが、今回はしらべぇ編集部が行った女性に対するアンケート調査により、遭遇してしまった時のベストな回答が判明しました。


 

■ついに判明!女性からの好感度が最も高い返答とは?

Q. 【女性295人に質問】次のうち、「仕事と私のどっちが大事なの?」という質問に対する回答として、最も好感度が高いものはどれ?

1:「お前のために仕事をがんばっているんだよ」

2:「そんな思いをさせてしまってごめん」

3:「どっちも同じくらい大事」

4:「仕事のほうが大事」

5:「お前のほうが大事」


順位の低い、つまり使ってはいけないものから順に発表します!


関連記事:【全部がそうと言えなくない?】答えになってない返答ランキングが聞き覚えありすぎ!

 

■第5位「仕事のほうが大事」1.0%

これはわかりやすいですね。仕事に比べて彼女を軽視しているとわかるような発言は、してはいけません。


■第4位「お前のほうが大事」9.5%

そうはいっても、仕事より彼女を重視していることを表明するのもよくないようです。「もっとかまってほしいけど、仕事もがんばってほしい」ということでしょうか。


■第3位「どっちも同じくらい大事」27.1%

「どっちかなんて選べない!」と素直に言ってしまうのもひとつの手段のようです。


■第2位「お前のために仕事をがんばっているんだよ」27.5%

これまでのように彼女と仕事の「優先順位」を表す回答ではなく、「彼女のためにがんばっている仕事」という、彼女と仕事の「従属関係」をつくる回答が人気を集めました。確かにこれなら、「彼女のほうが大事」であることの明文化と、「そうはいってもこれからも仕事が忙しいまま」であることの正当化が両立できますね。


■第1位「そんな思いをさせてしまってごめん」34.9%

そして一番人気はなんと、「質問に答えていない」回答! 「どっち?」と聞かれるとついついどちらかを選んでしまいがちですが、そんなことは女性は望んでいないようです。この手法は、他にもいろいろなシチュエーションで応用できるのではないでしょうか。

(文/しらべぇ編集部

qzoo 【調査概要】
 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
 調査期間:2015年5月22日~2015年5月25日
 対象:全国20代~60代の女性295人


あなたにオススメ