【1500円グルメ】焼肉感覚で「焼鳥食べ放題」をお得に楽しめる店とは?

グルメ

2015/06/24 17:00

sirabee0623yakiroti1-1

酒のお供として親しまれている焼鳥。夏になると花火や祭りの会場に登場し、近年はBBQや家庭の食卓にも並ぶ肉の定番メニュー

そんな焼鳥をおなかいっぱいになるまで食べ放題できる店があります。

1500円だけ握りしめて来い!」と書かれた看板を目にしたことはありませんか? 実際満足できる内容なのか、お得に食べるコツはあるのでしょうか?


画像をもっと見る

 

■わずか1500円で70分食べ放題?

sirabee0622yakitori01

都内各所に数店舗ずつある「焼鳥の鉄人」「しちりん炭火焼 鉄人」は、どちらも1500円で70分鶏肉や豚肉の食べ放題を楽しむことができます。

お酒を含むドリンクも追加料金なく飲み放題で、ご飯やスープもおかわり自由

sirabee0622yakitori02

席について注文の仕方等の説明を受けると七輪が登場。

ファーストドリンクとともに、最初の一皿も提供。まずは、秘伝の塩ダレがたっぷりかかった鶏もも肉とむね肉を頂くのがコースの基本。

その後は、好きな肉の部位や野菜をオーダーできますが、皿が空になってから「ひとり3人前」までというルールがあります。


関連記事:「湯上がりに汗をかいたら意味ナシ」と思う人は5割超え!じゃあ夏はどう入浴する?

 

■焼きやすい「串なし」の焼鳥

sirabee0622yakitori03

焼鳥とはいっても、じつは串はついていないので、感覚的には「鳥の焼肉」。タレは塩の他に醤油を選択することもでき、醤油ダレのモモ肉と長ネギを一緒に焼けば、ねぎま風焼肉も楽しめます。


■希少部位や限定メニューも要チェック!

sirabee0622yakitori04

極鮮!白レバー」など希少な部位や、その日限りの数量限定メニューがオーダーできることも。

限定メニューの仕入れがあった際にはポスターが貼られているので壁も要チェック! 希少な部位は品切れしてしまうこともあるので、後悔のないよう早めに頼んでおくのがオススメ。

何皿も食べ進めていくうちに塩ダレにも醤油ダレにも飽きてしまったら、「ニンニク醤油」を注文すると味に変化が生まれます。


■制限時間を増やしてガッツリ行く手も

sirabee0622yakitori05

1500円の鉄人コースに少し料金をプラスすると、制限時間を増やすことが可能。100分で2200円、130分なら2800円、いづれも終了時刻の15分前がラストオーダー。

店舗によっては18時までの入店で15分延長無料のクーポンや、女子会プランの用意もあります。

懐と胃袋の両方が満足できる焼鳥コースは、飲み会だけでなくひとり飯にも使えそう。七輪を独り占めしてハイペースで焼き上げるのもたくさん食べるコツかも。

しちりん炭火焼 鉄人 西葛西店

住所 東京都江戸川区西葛西5-3-6 嘉ビル2F
営業時間 17:00~24:00(年中無休)