【洋食屋の本格スイーツ】ミシュランに認められた「夏限定かき氷」を実食!

グルメ

2015/07/04 10:00

2014年版のミシュランガイドから、星つきではないが新しく加わった指標が、ビブグルマン」。

5000円以下でコストパフォーマンスの高い料理を味わうことのできる店が選ばれており、手が届く美味しいグルメスポットの紹介として注目されている。

そんなビブグルマンに掲載された洋食店の中に、日本の夏のデザートであるかき氷を提供している店が。

ミシュランに認められた料理店厳選洋食さくらい」のかき氷とは、一体どんなものなのか?


画像をもっと見る

 

①手作りの練乳をかける苺ミルク

sirabee0704sakurai

東京メトロの上野広小路駅にほど近い「厳選洋食さくらい」では、夏季限定で2種のかき氷が登場。

まずは、かき氷の定番フレーバー「苺ミルク」。清涼感のあるガラスの器に盛り付けられたかき氷は色鮮やか。

シロップというよりも、いちご本来の味を楽しめる「大粒のイチゴジャムのようなもの」がたっぷりとかけられている。

さらに手作りの練乳と追加いちごシロップも添えられており、自身のタイミングで好みの量を入れて食べることができるのだ。


関連記事:大半の人が「気になる」汗やベタつき モテる人がやっている朝習慣とは?

 

②老舗和菓子店の「あんこ」がのった氷

sirabee0704sakurai2

もう1つのかき氷は、「白玉宇治金時」。とても濃厚な抹茶蜜にやわらか食感の手作り白玉の組み合わせで、男女・年齢問わず親しまれているメニュー。

トップに乗せられているのは創業100年を超える老舗和菓子店のあんこだ。

「厳選洋食さくらい」と同じ上野広小路に店を構える「うさぎや」の風味のよい餡を使用した本格的な和スイーツなのだ。


■桃のタルトも夏季限定!

sirabee0704sakurai3

かき氷の他に、桃のタルトも夏季限定で登場。

サクサクのタルト生地の上に崩れ落ちそうなほど大量の桃がのせられており、見た目から美味しさが伝わってくる。

果肉はとてもジューシーで、毎年このタルトを食べるために訪れる客がいるほどの完成度。


■絶品のデミグラスソース

sirabee0704sakurai4

デザートメニューも素晴らしいが、やはりこの店の持ち味はデミグラスソース

自分でソースをかけることのできるメンチカツのセットもオススメだが、ブラウンとホワイトのソース両方を一度に堪能したい場合は、ハンバーグ&カニクリームコロッケを選択するとよいだろう。

この店のデミグラスソースは、渋味・旨み・酸味のバランスがほどよく、一度食べたら忘れられないインパクトのある味。対してベシャメルソースは、優しくなめらかであたたかみを感じるテイスト。


■ボリューム抜群! 「黒豚の生姜焼き」

sirabee0704sakurai5

ガッツリ食べたいときには、ぜひ黒豚の生姜焼きのセットを。生姜焼きのタレがしみこんだパスタも添えられていてパンチがある一皿。

じつはこの店では多くのメニューをハーフサイズで注文することが可能。

例えばナポリタンのハーフサイズとオムライスのハーフサイズをオーダーし、2種の洋食を味わうこともできるのが嬉しい。

暑い季節は、好みの料理のハーフとかき氷の組み合わせで食べるのもありかも。

【厳選洋食さくらい】
東京都文京区湯島3-40-7(受付は7階)
月~金 11:30~15:00/17:00~22:45、
土曜 11:30~22:45、日・祝 11:30~21:45(定休日なし)

(取材・文/しらべぇ編集部・野山苺摘