夏はシャワー派だけど、疲れも取りたい…だるい夏に嬉しい入浴法とは?

shower_sirabee
©iStock.com/Choreograph 

首都圏では、今年も真夏日を観測し、梅雨へも突入した。じめじめと蒸し暑い季節は、家に帰っても湯船にお湯をはらず、ささっとシャワーで済ます人も多いかもしれない。

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1065名に調査したところ、「夏になるとシャワーで済ますことが増える」と答えた人は、じつに6割にのぼった。

お風呂シャワー

 

その一方で、「シャワーでは疲れが取れにくい」と思っている人は85.1%も。

babu_sirabee

湯船で温まると、かえって体がほてりそう。疲れが取れにくいとわかっていてもついつい、暑い季節はシャワーで済ませてしまう人が多いようだ。

 

■ シャワー派の方が疲れを感じている人が多い?

そこで、平日に仕事や家事などをがんばった分、「週末になると疲れがたまりやすい」という人の割合を調べたところ、実際にシャワー派は湯船派より、12ポイント以上「疲れがたまりやすい」と答えた人の割合が高かった。

babu_sirabee_2

 

■夏の入浴は、ぬるめのお湯で「炭酸浴」

疲れをやわらげる夏の入浴法は、「ぬるめ(38℃前後)のお湯」につかるのがおすすめ。

「ぬるすぎると、入浴する意味がないのでは?」と感じるかもしれないが、二酸化炭素の力を活用した炭酸浴なら、ぬるめのお湯でも入浴効果を高めてくれるという。

バブ メディケイティッド冷涼クール」は、泡の数がバブの10倍(※)のここちよさ。高濃度(※)炭酸が入浴効果を高めて、だるい疲れや肩こりといった不調に効く。またさっぱりとした冷涼感で湯上り後のほてり感をやわらげるので、暑い季節にぴったりの入浴剤だ。(※花王「バブクール 涼やかミントの香り」との比較)

babu_medicated_sirabee

だるい疲れをやわらげるために、この夏は「シャワーより、ぬるめのお湯で炭酸浴」を試してみては、いかがだろうか?

(文/しらべぇ編集部 提供/花王

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年5月17日(日)~2015年5月20日(水)
対象:全国20代~60代 男女計1065名