【長年の謎】キャバ嬢と「つきあえる」と思っている男性は◯%!鍵は収入より若さ?

sirabee0713kyabazyou001

近ごろ話題になった、テレビ東京のドラマ「LOVE理論」(原作は水野敬也さん著書)。 sirabee0715renai3-1画像出典:Amazon

【あらすじ】

東京の大学に進学した童貞男子が、モテる男になりたいと「キャバクラの店員」に。そして究極のテクニック「ラブ理論」を使い、芸能人クラスの美女を落とすべく奮闘

という物語でした。 本来、キャバクラは「疑似恋愛」を楽しむ場ですが、「LOVE理論」の主人公のように、本気でキャバ嬢と付き合えると思っている男性はどのくらいいるのでしょうか?

全国20〜60代の男性835名に調査してみました。 sirabee0715renai どの年代でも85%以上の男性は「付き合えない」と思っているようです。

しかし、「付き合える」と思っている男性が皆無なわけではありません。キャバ嬢と付き合えると思っている年代のトップは20代。 およそ7人に1人の男性が「付き合える」と考えているのです。「若さ」は男性の大きな自信なのでしょうか。

では、年収別で見てみると、どうなのでしょう。


 

■高年収層より500〜700万層が夢見がち?

sirabee0715renai2 データを見てみると、年収300万以下で「付き合える」と思っている人の割合は一番低く、5.5%。かなり現実的なお考えのようです。

とはいえ、少数ながらキャバクラで彼氏を作った、キャバ嬢達がいることも事実。なぜ、彼女達はお客さんを彼氏にしようと思ったのでしょうか? 現役キャバ嬢の生の声を聞いてみました。

「同世代には無い余裕が良く、20歳上のお客さんと付き合った」(20歳 キャバ嬢)   「何度も通ってくれる真剣さに落ちた」(21歳 キャバ嬢)

など、さまざま。お客さんを「一人の男性」として意識することもあるようです。 ただ、熱を上げすぎると

「本気で付き合えると思って自分を指名してくると、自分に罪悪感すら覚える。」(23歳 キャバ嬢)   「お金を払わなければ女の子に相手してもらえないなんて、かわいそう」(22歳 キャバ嬢)

といった、憐れみの気持ちが出てくる場合も。 本気になりすぎてキャバ嬢から疎まれないためにも、あくまでもキャバクラは「疑似恋愛を楽しむ空間」だと認識しながら遊んだほうがよさそうですね。

(文/しらべぇ編集部・粟野 弘子

qzoo 【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年6月19日~2015年6月22日
対象:全国20代~60代男性計835名に調査


あなたにオススメ