【毎月1週間だけの人気イベント】ドイツソーセージ食べ放題を思いきり堪能するコツ

ビールのおともとして、最高なもののひとつであるソーセージ。近年、ドイツソーセージの食べ放題が密かなブームとなっている。

六本木一丁目にある「インビスハライコ」では、毎月1週間だけ、本格的なドイツソーセージの食べ放題を開催。

男性2200円・女性1900円で制限時間は90分。7月はまさにこの週末、19日(日)まで開催中で、スタートの14時になる前から連日行列ができている。


 

■ルールの確認後、欲しい数を記入

sirabee0718tabehoudai

実はこの食べ放題にはペナルティを含むルールがあり、まずはその説明を聞くことから始まる。

その後、前金制のためレジで会計を済ませ、テーブルにあるオーダーシートで食べたいメニューの個数を記入してスタッフへ渡すという流れ。


 

■ポテサラとパンは「飽き防止」に必須!

sirabee0718tabehoudai2

注文したソーセージが焼きあがるまでの間に、2種類のドイツパンと酸味の効いたポテトサラダ、そしてマスタードが提供される。

この店は食べ残しのルールが厳しく、ほんの1口分でも食べきれなかった場合は1本分のソーセージの料金を支払わなくてはならない

対してパンなどは残してもペナルティはないので、自分のお腹と相談しながら食べ進めることが大切。しかし、このパンやサラダはソーセージの味に飽きてきたときに大事な存在にもなる。


■11種のソーセージは1本ずつシェアするのがコツ

sirabee0718tabehoudai5

2人以上での来店であれば、メニュー番号1のソーセージから1本ずつ順番にシェアして食べるのがオススメ。できれば全種類を1口ずつ制覇し、自分の好みのテイストのものをリピートしていくのがたくさん食べるコツ

皮の食感がもっともパリっとした「シンケン クラカワ」は、香りにクセなどなく誰にでも親しまれる味わい(写真左から2本目)。


■本場の味だから出会える甘いマスタード

sirabee0718tabehoudai3

パセリが効いたボイルタイプの白くて太い「ミュンヘナーソーセージ」には、専用のズースマスタードが添えらえている。

じつはこのマスタード、他ではなかなか出会うことのない不思議な甘さ。本場ドイツでは白ソーセージ用としておなじみで、絵の具のようなチューブに入っている。


■風味が楽しいカリーケチャップ

sirabee0718tabehoudai4

ターメリックを効かせた珍しい「カリーソーセージ」にはカリーケチャップがかかっている。このソーセージはしっかりこんがりと焼くとカレーの風味が引き立つようにできている。


■リフレッシュに欠かせないのがコレ

sirabee0718tabehoudai6

13種の食べ放題メニューのうち11種はソーセージだが、残りの2種は「ザワークラウト」というキャベツの発酵食品と、「ドイツ産サラミと生ハム」。ソーセージの脂をリフレッシュするためには、欠かせないメニューだ。


■たくさん食べたい人は、細挽きソーセージがオススメ

sirabee0718tabehoudai7

食べ放題できるソーセージの中でもっともあっさりとしているのが「ホットドックヴェルシェン」。ちなみに通常価格はもっともリーズナブルだが、上質な細挽きのソーセージで日本人好みのあっさりテイスト。

本数をたくさん食べたいならこのソーセージをおかわりするといいかも。

ソーセージの食べ放題は、見た目以上にヘビー。制限時間いっぱいまで食べつくす人は少なく、たいていが半分の45分から1時間くらいで退店する。

店前の列はちょうど日陰で腰かけることもできるので、回転率に期待して待ってみるのも悪くない。

【インビスハライコ】
東京都港区六本木2-3-9 ユニオン六本木1F
月~土 10:00~22:00、日・祝 10:00~20:00(定休日第1曜日)

(取材・文/しらべぇ編集部・野山苺摘

あなたにオススメ