CAが「もっと一緒に過ごしたい」と思うモテオーラのある乗客になる4つのポイント

男女

2015/08/07 07:30

sirabee0809ca1©iStock/Karol Smoderek

仕事柄、1日に何千人もの乗客と出会うキャビンアテンダント(CA)。様々な乗客に接する中で、時々、思わずCAが釘付けになるようなモテオーラを放つ人がいます。

そして驚くことに、彼らのほとんどが、有名人でもお金持ちでもなく、ごく普通の方だったりするのです。

素敵な雰囲気をまとう人とは、たとえ空の上であっても、時間がゆるす限り一緒にいたいと思ってしまうもの…。そんな彼らの特徴とは?



 

■第一印象の振る舞いがとにかく格好いい

「その男性客は搭乗時、私がご搭乗のお礼を伝える前に自ら『おはようございます』と挨拶をして下さいました。


日本人の男性客で、CAと目を合わせて挨拶をされるという方はとても少ない。そんな中、爽やかな雰囲気で搭乗されたのが素敵でした。


降機の際もやはり自ら目を合わせて挨拶をして下さり、機会があったら、もう少しその方とお話してみたかったです」(日系航空会社Cさん)

多くの乗客がいる機内でCAの目を引くのが、とにかく爽やかで優しい印象の人

CAはサービス訓練で人に与える印象を厳しく指導されるので、目の前にいる人がもっている雰囲気に思わず好奇心を抱いてしまうのです。

取材の中で、「CAを惹き付けるオーラ」として上がったのは4つのポイント。

自然体で爽やか


②雑誌や毛布など、物品を大切に扱う


③立ち居振る舞いが上品


④周りの乗客に配慮がある

手荷物入れをはじめ、新聞や毛布など、機内にある物品は他の乗客とシェアして使うものがほとんどです。

例えば、手荷物を物入れに収納する時は、他の人が使うスペースにも配慮しながら収納するなど、自分のことだけでなく周りにも気を配るその姿はCAの心をガシッとつかみます

そんな姿を見たら、「◯◯番に素敵なお客様がいる!」として真っ先にCA間で情報共有されることでしょう。


関連記事:機内でモテる秘訣を大公開!元CAが教える「サービスしたくなるお客」とは?

 

■CAの名前を覚えているだけで素敵オーラが倍に

「行きの便で笑顔が爽やかだな!と思っていたお客様が、偶然、帰りの便にもご搭乗になりました。


その方が機内販売を購入された際、行きの便で一緒だったことを伝えると、名前と顔を覚えていて下さいました


話し方も丁寧で落ちつきがあり、少しの間でしたが楽しい会話をすることができました。


こんな人が彼氏だったらなぁ、と思わず胸が高鳴りました」(日系航空会社Dさん)

第一印象で心惹かれた乗客に、「もう一度会いたい」と思うCAは多くいます。しかし実際には、会える確率はとても低いうえ、自分のことなど覚えていないだろうと思ってしまうもの。

そんな中、奇跡的に願いが叶い、さらに名前まで覚えていてくれたなら…その乗客はきっと、フライトの間ずっとCAの心の中で王子様としてあり続けるでしょう。

皆さんも記憶に残るCAがいたら、ぜひ、名前で呼んでみては

日頃、機内では「CAさん」としか呼ばれない彼女たちのハートを打つこと間違いないうえ、もしかすると彼女たちも「あなたに会いたかった」と思っているかもしれませんよ。

(文/しらべぇ編集部・きさりん