4人に1人が「私の人生は波瀾万丈」という理由は?不倫、親の借金、臨死体験など

haranbanjo_sirabee

画像はAmazonからの引用

ある人物の波瀾万丈の人生を描く書籍やテレビ番組はたくさんあるが、芸能人や有名な経営者を主人公にしたものが多い。それどころか、「波瀾万丈の人生を送っていること」自体が、彼ら・彼女らのカリスマ性を担保している要素ですらあるといえよう。

果たして、波瀾万丈な人生は、そういった一部の人たちの特別な経験なのだろうか。



 

Q. あなたの人生、波瀾万丈だった?

haranbanjo_sirabee2

しらべぇ編集部の調査では、およそ4人に1人が「私の人生は波瀾万丈だった」と回答。年代が高くなるにつれ、人生経験が豊富になり波瀾万丈率が高くなるのは当然として、20代でも6人に1人が、すでに波瀾万丈だったという。

実際にどう波瀾万丈だったのかを聞いてみた。


関連記事:【新生活の挫折】人はなぜ自炊をやめるのか?「料理は好きだけどアレがイヤ…」

 

■犯罪歴

鑑別所に行くところだった(20代男性)

前科1犯(20代男性)


■恋愛遍歴

ストーカー被害から、不倫、やくざの恋人、など男性絡みはめちゃめちゃ(30代女性)

2度の離婚。不倫もたくさんしたしDVにもあった(50代女性)


■お金で苦労

命を狙われて、全財産を処分。その過酷な状況によって妻がうつになってしまい離婚(60代男性)

母親の借金の保証人になり私が払うことに(30代女性)

相続争いで10年かかった(60代男性)


■激動の家族関係

父が友人の母親と不倫して離婚(20代男性)

何度も結婚を諦めかけたが、40すぎて結婚できて子供もできて、人生が一気に変わった(40代男性)

妻以外の若い女性と駆け落ちをして同棲したことがある(60代男性)

あるミュージシャンのいちファンだったが、スタッフ、最終的にはパートナーに(50代女性)

子供を産んだ後、親が本当の親でないことを知らされた(50代女性)


■仕事で苦労

ロックミュージシャンを夢見て、夢追いかけて一生懸命頑張ったつもりだったが、挫折(30代男性)

16歳時、家庭崩壊により一家離散し、高校退学、ホームレスになりガテン系仕事をしたが若気の至りで辞め水商売に転職して店長までやったが、限界を感じ26歳で辞め、現在はいろんな試験や訓練を受けて鉄道の運転士(30代男性)

就職、転職、起業、破産(40代男性)

転職歴が15回(50代女性)

ホームレスから会社経営者まで経験(60代男性)

52歳になってから准看護師の資格を取った(50代女性)


■超危険な経験!

海外留学を学校や会社を通さず全て自分一人で交渉した。 留学先で銃を向けられ殺されかけた(20代男性)

ストーカーと言われて、警察から取り調べを受けたことがある(40代男性)

過去に3度死にかけている(40代男性)


この他にも「ありとあらゆる不幸を体験し続けている」(30代女性)や、「この歳になっても自分を探している」(50代男性)といった声も。「平穏な人生」なんてものの方が、珍しいのかもしれません。

(文/しらべぇ編集部

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:全国20代~60代の男女計1654名