【老舗高級蕎麦を立ち喰いで】早い・高い・旨いの三拍子が揃った新宿の立ち喰い蕎麦屋

立ち喰い蕎麦好き芸人の三拍子 高倉です。皆さんは立ち喰い蕎麦にどんなイメージがありますか??

あまり食べた事のない人は「早い」「安い」「まずくはない」という印象でしょうか。ほかにも、仕事前、仕事途中で時間がなく安くすませたいから旨さは二の次というサラリーマンの方も多いと思います。

しかし!!
今回紹介するのは一味違います。

■「早い」「高い」「旨い」の立ち喰い蕎麦屋!

時間は無いがお金の余裕が少しある、どうせ蕎麦を食べるなら高級な蕎麦を食べたいっ!! そんな人向けの立ち喰い蕎麦屋が新宿にあるのです。

しらべぇ0819蕎麦

(永坂更科 布屋太兵衛)
実はここ、江戸・東京のお蕎麦屋さんでもトップクラスの老舗、「永坂更科 布屋太兵衛」の新宿地下鉄ビル店に併設している立ち喰い蕎麦店なのです。なので、メインは座りで蕎麦を食べるコチラ。

しらべぇ0819蕎麦

しかし驚くなかれ。

なんと!!メインの座りの店と立ち喰い店の「厨房」が一緒なのである!!
ということはどういう事かわかりますよね!? 同じ麺、つゆ、を使って提供しているのです。

■メニューは全て750円!!

立ち喰い蕎麦で750円!? この時点で「高いからやめておこう」と思ったあなた! その考え方SO BAD!! これは立ち喰い蕎麦の値段にしては確かに高いですが、隣のメインの店のディスプレイを見てください。

かしわそば1210円、天ぷらそば1745円。老舗高級蕎麦屋なので、普通に考るとこのくらいの値段になります。それが同じ麺、同じつゆで提供されて750円ですよ。

■高級感漂う蕎麦を実食

私が注文したのは、肉のコマ切れがふんだんに入った肉天がのった盛りそば。

しらべぇ0819蕎麦

ではここで三拍子・高倉のオススメの食べ方をご紹介しましょう。まずは永坂更科布屋太兵衛の麺とつゆを堪能する。

茹でたてでしっかりとコシのあるツルッツルの麺を真っ黒と濃く辛めだが旨味があるつゆに少しつけて食べる(つけすぎないように)!! 江戸時代から職人が引き継いできた味に感動。好みだが麺のコシとつゆの旨さを堪能したい人は温かいものより盛りそばがオススメ。

そしてつゆに油がとけて味が変わらないように肉天を食べるのは最後まで我慢。麺を全て食べ終わった後に濃いめのつゆに肉天を浸してガブッ。

しらべぇ0819蕎麦
肉が大量に入った天ぷらには濃いつゆが程よく合う。ペロリと食べ終わり、少し残ったつゆに蕎麦湯を入れてフゥーっと一息。頭には「大満足」の3文字。そして30分たった後にも口の中に残るくらい後ひく旨さをもつ蕎麦つゆに老舗の力を感じる。

これで750円。私はむしろ安いとまで感じました。

さあ立ち喰い蕎麦芸人 三拍子 高倉が安いとまでいい放った750円の立ち喰い蕎麦。この店が高いか安いか妥当なのかは、自分の舌で確かめに行ったらどうでしょうか??

啜るのか啜らないかはあなたしだいです!!

永坂更科 布屋太兵衛 新宿地下鉄ビル店
東京都新宿区西新宿1-1-2 新宿メトロ食堂街
03-3344-0497

(文/三拍子・高倉

あなたにオススメ