先生を「お父さん・お母さん」と呼んだ経験者は◯割!教師の声を聞いてみると…

ライフ

2015/08/24 08:00

先生

©iStock.com/monkeybusinessimages

一度コレをやってしまった人は、大人になってもその気恥ずかしさを忘れられないだろう。学校の先生を「お母さん!」「お父さん!」と呼び間違えてしまった子供時代の思い出を。

とくに、クラスの友達の前でやってしまったとしたら、その恥ずかしさもひとしおだ。そこで、しらべぇ編集部では、この呼び間違え経験について、全国20〜60代の男女1345名を対象に調べてみた。


画像をもっと見る

 

 ■先生を呼び間違えた経験者は1割台

先生お母さん

全体では、「お父さん・お母さん」もしくは「パパ・ママ」と呼び間違えたことがある人は13.9%。かなり限られるようだ。しかし年代別に見てみると、30代女性と40代男性では、4人に1人を超えている。

女性は40代以降、また男女とも50代以降では急減するが、若い頃のほうが恥ずかしい記憶を鮮明に覚えているからかもしれない。

先生年代別


関連記事:メールやLINEの「♪」「w」はNG?「使うと恋愛対象外」と思う割合は…

 

■先生の世界では当たり前?

生徒だった側には、忘れられない赤面の記憶かもしれないが、先生からするとどうなのだろう。よくあることなのだろうか? 現役教師に取材を試みた。

年に1回は「お父さん」と呼ばれる(40代男性)


・「お父さん」は、毎年1〜3回くらいある。どう見ても女性には見えないはずだが、過去には「お母さん」と呼ばれたことも(30代・男性)


・「よく」ではないが呼ばれたことがある。「お父さん」だけでなく「パパ」もあった(50代男性)


・「お母さん」は5年間働いていて2回くらい。どちらも低学年(20代女性)


・2年生を担任していたとき、一部の子供がよく間違えていた(20代女性)


・新人なのでまだ呼ばれたことはないが、先輩から聞いたことがあり楽しみ(20代男性)


楽しみにしている先生もいるくらいなので、幼いころのかわいい思い出として、覚えておくくらいがちょうどいいかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:20代~60代の男女1345名