しらべぇ

親知らずを放置する女性は半数近く!身体にあらわれる危険な異変とは…

ライフ

歯痛

©iStock.com/g-stockstudio

奥歯のさらにいちばん奥に生える「親知らず」。4本揃わない人、生えてこない人もいるが、曲がって生えてきて厄介なことになる場合も。

また、歯ブラシが届きにくいため非常に磨きにくく、虫歯になることも多い。

とはいえ、抜いた人の体験談を聞くと、「ほっぺたが腫れて数日間痛かった」「発熱とダルさで仕事にならない」など、できれば抜かずに済ませたいと思う人も多いはず。

しらべぇ編集部では、アンケートサイト「マインドソナー」を使って、10代〜50代の男女364名に「親知らずを放置している割合」を調べてみた。

 

◼︎親知らずを放置している人は女性に多い!

親知らず放置

親知らずを抜かないままにしている人の割合は、全体では37.1%。男女別に見ると男性が32%なのに対して、女性は46%と半数に迫っている。

男女差の原因は、何なのだろうか?

 

◼︎歯医者に抵抗があるのは男性より女性

親知らず

歯医者が嫌いな人」の割合を調べてみると、女性は男性をおよそ10ポイント上回って、半数を占める。

今回の調査した女性からは、口の中を触られるためか「女医さんじゃなきゃ嫌だ」との声もあり、歯医者に行くハードルはかなり高いのかもしれない。

 

◼︎親知らずを放置すると超危険!

親知らずの痛みの原因となるのが「細菌感染」。痛みがあるのに治療せず、放置したことで以下のような症状が身体にあらわれることもあるという。

①親知らずの周辺が腫れ炎症を起こす

歯周病の発症

③親知らず周辺の細菌がのど周辺まで拡大発熱・倦怠感

④細菌が心臓にまで達すると、最悪の場合は死に至るケースも…

 

早めに適切な治療をすればよいが、放っておけば最悪の場合は死の危険もあるそうだ。

 

◼︎親知らずを抜いて身体に変化!

実際に、親知らずを抜いてから身体の調子が良くなった人の声を集めてみた。

頭痛が減った。

あごの窮屈感が和らいだ。

噛み合わせが良くなった気がする。

口臭が気にならなくなった。

 

女性は頭痛になりやすい人が多いが、もしかしたら親知らずが影響している可能性も。日常生活のさまざまな面で支障を及ぼす親知らず。最悪の事態になる前に、痛みを感じている人は検診に行くことを検討してほしい。

(文/しらべぇ編集部・chan-rie

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu