合コンのたび増え続けるLINEグループをどうすべきか?「そもそもグループを作らず…」

Happy young people

©iStock.com/chinaview

複数のユーザーが同時に会話できるLINEのグループ機能。仲の良い友人や家族同士でグループをつくるケースが多いと言われていますが、最近では合コン後にも有効活用されているそうです。

かつて、4~6人の合コンでは男女それぞれが一対一で連絡先を交換していましたが、それでは手続きが煩雑なことに加え、自分の気になる異性としか連絡先を交換しない人が現れるなどいくつかの問題点が指摘されてきました。

これに対し、参加メンバーのLINEグループをつくれば、これらの問題は一気に解決されます。グループに招待すれば、全員の連絡先を速やかに、かつ滞りなく集めることができるのです。

画像をもっと見る

 

■15.2%が増え続けるLINEグループに「使い勝手が悪い」

このように、合コンにおける貢献度は計り知れないLINEのグループ機能。ところが、最近ではそれゆえの問題も発生しているようです。

本サイトが実施したアンケート調査によると、15.2%の人が合コンする度にLINEグループができたため、積極的に退会しないと使い勝手が悪くなっていると答えています。

増え続けるグループの処理に悩んでいる男女は少なくないのです。

関連記事:「合コンにチェーン店はありえない!」はウソ!?チェーン合コンしたがる30代男性

 

■退会は気まずい!だからグループをつくらない戦略

一般に、合コンでつくられたLINEグループはその日に簡単な挨拶が交わされたあとは会話がないことがほとんど。そのため、これを放置すると会話がないグループが複数並び、アプリの使い勝手が悪くなるのです。

こうした問題を生み出さないために、近年合コン慣れしている若者の間で取られている解決策が「そもそもLINEグループをつくらないこと」。

ではどうするのか。

sirabee0908line

sirabee0908line2

彼らの話によると、グループではなく、トーク画面の右上にある吹き出しをタップして「複数人トーク」をつくるというです。

複数人トークは、グループとは違ってLINEの友だち一覧に表示されないため、邪魔にならないというのです。

「LINEグループは仮に使わなくなったとしても退会するのは気まずい」と言われます。邪魔にならずに、効率よく連絡先を集められる複数人トークを有効活用してみてはいかがでしょうか。

(文/しらべぇ編集部

qzoo

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日
対象:20〜60代LINEユーザー男女487