名古屋駅新幹線ホームの有名きしめん店で発車9分前に注文したらどうなるか?

グルメ

2015/09/12 11:00

名古屋駅きしめん

何かを追いかけているようで、つねに時間に追われているのが、現代人。たとえば、せっかく旅をしても時間の関係で「ご当地の名物」を食べられなかったことも少なくないはず。

事実、アンケートサイト「マインドソナー」によると、旅先で名物料理を食べ逃し悔しい思いをした人は男性で3割、女性は過半数にのぼる。

名物


画像をもっと見る

 

■新幹線の名古屋駅なら、なんとかなる?

名古屋名物といえば、ひつまぶし、味噌煮込みうどん、あんかけスパゲッティ…そして、忘れてならないのが「きしめん」だ。

このきしめん、新幹線の名古屋駅ホームに名店があることで知られている。その名も「名代きしめん 住よし」、食べログスコアはじつに3.55だ。

そこで、しらべぇ取材班は「発車時間まで10分を切ってホームに着いても、きしめん有名店を探して食べられるか」という無謀な実験にトライした。


関連記事:【独自の文化】名古屋発のコーヒー店が近所にできたらまず試したい3大名物メニュー

 

■時刻は13:45 あと9分後の「のぞみ」に乗らないと…

新幹線時刻1

親切な駅員さんに聞いたところ、「『住よし』なら4号車のあたりにありますよ」とのことで、ダッシュ。


■温か冷か? 迷ったので両方頼んでみる

きしめん食券

定番は、温かいきしめんだが、まだ暑さも残るので「冷し」も気になる。そこで、ダブルオーダー。食べ終わったら順番に持ってきてもらうことにする。実験は、ギリギリのほうがおもしろい。


■1杯目:たぬききしめん(玉子入り)

きしめん

食券を渡すと、1分ほどで出てきた「たぬききしめん」。つるつるの麺に、濃い目のつゆ。回転がいいせいか、揚げ玉はカリカリだ。たしかに、うまい。

のどごしがいいので3分ほどで食べられるのも、ポイントが高い。きしめん初心者は、まずは基本の「温」から試してみるといいだろう。


■2杯目:冷しきしめん

冷やしきしめん

こちらも、頼むと1分ほどで完成。熱いのが苦手な人も、さっとかきこむことができるのが嬉しい。より時間ギリギリな人にオススメだ。


■2杯完食までに8分! 間に合った…

新幹線案内板


■13:54発ののぞみに無事乗れた

新幹線


■だって、この近さだもの!

住よし

とはいえ、挑戦される場合は自己責任でお願いしたい。


■きしめん「住よし」は下りホームにもあるぞ

住よし下りホーム

【名代きしめん 住よし】
新幹線名古屋駅ホーム(上り・下り)4号車付近
7:00〜20:00(無休)

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

一緒に新幹線で
旅をする恋人はこちら