ブームの「マタニティフォト」に「婚テロ」との批判も?賛否両論の声を聞いてみた

妊婦

©iStock.com/zuosiqin

近年、妊婦の間で静かなブームとなっている「マタニティフォト」をご存知だろうか。

女性が妊娠中の自身の姿を写真に収めるもので、一般的に知られるようになったのは、1991年にデミ・ムーアが雑誌の表紙を飾ったことがはじまりだと言われている。

日本でも西山茉希スザンヌ神田うのらがマタニティフォトを世間に公開し話題となったが、今や芸能人だけでなく一般人の間でも浸透しているらしい。それが、一部で賛否両論を呼んでいるというのだ。

そこでしらべぇ編集部では、10代〜50代の男女355人を対象に「マタニティフォトへの印象」を聞いてみた。


 

◼女性のおよそ3人に1人が不快感

マタニティフォト

「不快に思わない」と感じる人が大半のようだ。しかし、同性である女性のほうが不快に感じる人が多く、男性を11ポイント上回った。


 

◼︎SNS上で公開することに否定的

マタニティフォトについての印象を2〜40代の男女に聞いてみたところ…

・「妊娠したんだな〜という風にしか思わない。別に悪い気もしない」(30代男性)


・ 「身内だけで記念として見せ合う分にはいいけど、それをFacebookで公開するのはどうかと思う」(20代女性)


・ 「妊娠できずに悩んでいる女性からしたら、やめてほしいと思うのでは?」 (30代女性)


・ 「洋服の上からならまだしも、なんでおへそまで丸出しで写真を撮っているのか…見たときに不快になった」(40代女性)


否定的な意見を述べた人の中には、SNSでわざわざ公開する意味が理解できないとの声も。妊娠は喜ばしいことだが、祝福してくれる人ばかりではないようだ。


◼︎いわゆる「婚テロ」に悩む女性が否定的?

悪印象

©iStock.com/deeepblue

深夜放送であまりにおいしそうな料理を紹介する番組や、まだ残業している人も多い時間に美食の写真をFacebookなどにアップする行為は、いつからか「飯テロ」と呼ばれるようになった。

それにならってか、最近聞かれる言葉が「婚テロ」。未婚女性が他人の幸せをSNSで見て憂鬱になってしまうことを指すのだとか。

たとえば、カップルが旅行に行ったときの写真を、わざわざSNS上で「彼氏と○○に行ってきました〜」と報告してくる、いわゆるリア充アピールを見て、「自分なんて…」と気持ちが落ちてまうのだそうだ。

今回の調査で男性を上回ったおよそ3割の「マタニティフォト嫌い女性」は、こうした同性・同世代への嫉妬や焦りを感じているのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・chan-rie

あなたにオススメ