サラリーマンの街・新橋で商売祈願をするならココ!居酒屋に囲まれた立地も抜群

男女

2015/09/26 09:00

山手線の新橋駅烏森口には、この地を長年守り続ける烏森神社があります。

芸能の神と謳われている天細女命(アマノウズメノミコト)が祀られており、「商売繁盛」「技芸上達」「家内安全」のご利益があると言われています。


画像をもっと見る

 

◆朝から夜まで多様な人が訪れる

烏森神社は、新橋駅烏森口から徒歩5分ほどのところにあります。飲み屋街に囲まれているこの場所は、朝から夜まで人の流れが絶えません。

朝は近隣のサラリーマンが祈願をし、昼は女性や若者、夜は飲み会前の会社員が複数人で訪れます。ビジネス街として知られる新橋ですが、大きな神社は「烏森神社」「塩竃神社」「日比谷神社」の3社のみ。

もっとも新橋駅から近い烏森神社には、ここ一番と言える仕事のプロジェクトの必勝祈願や、接待の成功を願うグループなど、商売繁盛の想いを胸に込めたサラリーマンが特に多く訪れるのです。

その一日の様子をご紹介しましょう。


関連記事:女性ライターが行く!風情ある葛飾・四ツ木商店街跡を歩く 人気ベーカリーとトンカツも

 

◆日中12時ごろの烏森神社

昼1

人もまばらですが、女性の祈願者が。

昼3

入り口横の飲み屋は開店前。

昼4

こちらは心願色みくじ。願いによって、引くくじの色が異なります。「赤は恋愛・良縁」「 黄は金運・幸運」「青は仕事・勉学・厄年」「緑は健康・家族」。くじを引くのはカップルや若い女性が中心です。


◆16時ごろの烏森神社

夕方3

点灯がつき始めます。

夕方4

早くも開店する居酒屋も。


◆20時ごろの烏森神社

夜2

ライトアップした烏森神社と居酒屋街を行き交うサラリーマン(写真左)。

いよいよ、一杯引っ掛けたい時間になってきました。

◆烏森神社を訪れたらぜひとも寄りたい焼き鳥屋

そんなときにおすすめなのが烏森神社からすぐの場所にあるこちらのお店。

やきとりほさか

東京都 港区 新橋 2-15-5

ほさか1 名物の合鴨塩焼きはビールとの相性が抜群。

ほさか2

一本140円のもつやきも酒が進む濃厚な味わいです。祈願を終えたらぜひ訪れたいお店です。

(文/しらべぇ編集部・松岡佑季