もふもふの「肩のりインコ」も!かわいさ爆発の「ことりカフェ」知ってる?

話題

2015/09/29 06:30

ことりカフェ外観

ねこカフェ、ふくろうカフェ、変わったところでは、しらべぇで先日お伝えした蛇カフェなど、動物たちとふれあうことができる飲食店が人気を集めている。

怖い?かわいい?原宿にできた猫カフェならぬ「蛇カフェ」に行ってみた

そんな中でも、オウムやインコ、文鳥など、もふもふしたかわいい鳥たちとひとときを過ごせるのが、表参道にある「ことりカフェ」だ。


 

■かわいらしい「インコケーキ」も

インコケーキ

こちらの売りは、小鳥とふれあえるのはもちろんのこと、かなり特徴をとらえた「小鳥デザインのケーキ」も。今回は、セキセイインコ(豆乳&シトラス風味)とオカメインコ(アーモンド風味)を注文してみると…


関連記事:怖い?かわいい?原宿にできた猫カフェならぬ「蛇カフェ」に行ってみた

 

■まさかの「鳥かご」に入って登場

インコケーキ鳥かご

白と黄色のおいしそうな小鳥さんたちが、ちゃんと鳥かごに入ってやってきた。つぶらな瞳が愛らしいけれど…


■かわいいけど食べるしかない…許せ!

インコケーキ食後

なんとなく、「顔のあたり」は残してフォークを入れたくなるのが心情かもしれない。


■小鳥たちとふれあえる「もふもふ」部屋へ!

もふもふタイム

カフェの奥にある「もふもふ部屋」にはオカメインコや文鳥など4羽の鳥たちが。5分500円で1グループにつき2羽までふれあうことができる。


■おとなしいオカメインコは、じつは「オウム」

オカメインコ

オウムとインコの違いをご存知だろうか? じつは、オウムとインコはともにオウム目だが、それぞれオウム科とインコ科に属するまったく別の鳥。

インコが得意な「声マネ」もオウムは苦手(なので「オウム返し」は生物学的には間違い)などさまざまな違いがあるが、いちばん見分けやすいのは、頭にぴょこんと羽が生えているのがオウム、つるっと丸いのがインコ。

こちらの「オカメインコ」はこの冠羽があるため、本当は「オウム」なのだ。


■「小鳥」というには大きすぎるタイハクオウム

タイハクオウム

インドネシア原産の巨大なオウムにも触ることができる。羽根の下のわき腹をなでられると気持ちよがるらしい。


■木曜日に行くとおトクかも

もふ曜日

毎週木曜日は「もふもふサービス」が1回無料になるので、お試しにはちょうどいいかも。


■ついつい気になる小鳥グッズも販売

ことりグッズ

【ことりカフェ表参道】
住所 港区南青山6-3-7
営業時間 11:00~19:00
定休日 第3月曜日 ※祝日の場合は翌日

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト