間違えて異性のトイレに入ったことある人は○%!世代別で大きな差が!

おなかが痛くて…なんとかトイレを見つけて入ったものの、なんか様子が違う!
あ!!! ここ…もしや女子トイレじゃないか!!

どうしよう、今外に出たらとんだ変態野郎になっちまう。静かにして…誰もいないであろうことを確認して、ゆっくーりドアを開けて外に出てみると…。

小便器あるじゃん! 男子便所だったー!!

こんな体験で安堵の涙を流した人もいると思います。

こんにちは、トイレ博士のどきどきキャンプ佐藤です。

トイレ

しかしながら、本当に間違えて異性のトイレに入っちゃった人もいるのでは? そこで「異性のトイレに間違えて入ってしまった人」を調べてみました。

結果はこちら!

sirabee0929satou

結果は約20%ちょっとでした。

注目すべきは世代別の結果。

sirabee0929satou2

世代が上の人ほどその数字が高いのがわかりますね。皆さんは男子トイレが女子トイレかどこで判断していますか? 当然ですがあのピクトグラムと呼ばれるマークではないでしょうか。

トイレ

@iStock/Mathisa_s

あのマーク、実は1964年に制定されたんです。1964年の東京オリンピックでたくさんの外国人観光客を迎え入れるにあたり、誰にでも一発で目で見てわかるようなものを作ったわけです。

そのピクトグラムが浸透し、今も尚使われているわけですね。世代的に若い人ほど異性のトイレに間違えて入った人が少ないのは、このピクトグラムが浸透していった結果なのかもしれません。
ピクトグラムはトイレだけではありません。オリンピックの競技のマークも作られました。2020年もおそらく更に多くのピクトグラムが作られることでしょう。

そういった目線でも是非楽しんでくださいね

それではまたどこかのトイレでお会いしましょう。
ジャー。

(文/どきどきキャンプ・佐藤満春

qzoo 【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年5月17日~2015年5月22日
対象:全国20代~60代男女計1671名

あなたにオススメ