【大阪】天王寺公園がリニューアル!将棋を打っていたオッサンはどこへ行ったか

地域

2015/10/02 09:00

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大阪にある天王寺公園エントランスエリアが、10月1日に「てんしば」の名称でリニューアルオープン。約7,000平方メートルの面積に貼られた芝生の上を、招待された子供たちは元気よく駆けまわっていた。


 

■将棋のおっさんが集まる場所から子供たちも楽しめる場所へ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このエントランスエリア部分、以前は中年男性が集まり将棋を打つ場所として、『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)でも紹介されるほどだった。

しかし、将棋の集まりは風情があるとの意見の一方、独特の雰囲気から女性や子供連れの人からは、「近寄りがたい」と言われていた。

しらべぇでは以前、「てんしば」からも近い「あいりん地区」の変化について記事にしている。

「あいりん地区」が外国人に人気?変わりつつある大阪・西成区の今

「てんしば」のオープンにより、あいりん地区にもさらに変化が生まれるかもしれない。


関連記事:【柔らかいのが好きだけど垂れ乳は嫌い!】データが示す「非実在おっぱい」という矛盾

 

■てんしばから新世界に移動して格安グルメを堪能!

tsutenkaku 「てんしば」から少し歩けば、通天閣のある新世界だ。元々ディープスポットだったが、現在では観光客が増え、お店も串カツ屋ばかりに。だた少し路地に入れば、昔の面影が残る格安居酒屋も残っている。

税込200円のB級グルメ!?大阪新世界のディープな居酒屋「酒の穴」へ行ってみた


■2027年まで日本一高いビル「あべのハルカス」もてんしば近くに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「てんしば」からは、超高層ビル「あべのハルカス」も望むことができる。ハルカスの展望台から、「てんしば」を覗いてみるのもおもしろいだろう。

 【大阪発】新名所あべのハルカスで食べる「日本一高い」ソフトクリームって何だ?


■「てんしば」から大阪城!? 実は◯◯だった!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「てんしば」から大阪城のようなものが見えるが、実はラブホである。なんともいえないシュールさで、話題を呼んでいる。

近代化しながらも一部にはディープが残る、大阪の天王寺・あべのエリア。これから、どのように変化していくのだろうか。

ちなみに、かつて将棋をしていた人たちは、「てんしば」が完成してからどうしているのか? 心配している人もいるだろう。彼らはてんしばの横にある、交番とトイレに挟まれたエリアに集まり、これまで通りに交流を続けているようだ。

(文/しらべぇ編集部・ニャック


あなたにオススメ