しらべぇ

公衆トイレが流れなかったら…無視して出てきちゃう血液型が判明!?

ライフ

sirabee1008toire©iStock.com/vadimguzhva

職場やショッピングセンター、駅内などの公衆トイレを利用する機会は、日常的に頻繁にあるだろう。確率的には低いかもしれないが、もし自分が用便を足したあとに水が流れなかったら、人はどうするのか?

しらべぇ編集部では、全国の男女1400名を対象に調査を実施した。

 

■ 40代以上の男性はトイレが流れなくても気にしない!?

公衆トイレの個室で用便を足した後、流れなかったら無視してしれっと出てくる」と答えた人は、全体では34.6%

しかし、男女の年代別でみると各層で大きな差があることがわかった。

トイレ

女性はどの年代でも無視する人が3割程度。しかし男性では40代以上の人で「しれっと出てくる」と答えたのが4割を超えている

なお、流れないときにもっとも無視できないのは、20代男性がらしい。恥じらいなのか、後に使う人に対しての申し訳なさなのか、そのまま放置して出てくることに抵抗感があるようだ。

 

■ 無視できない人がとる行動とは…

では、トイレの水が流れない事態に直面したときに人はどうするのか。実体験を聞いてみた。

・ 「駅のトイレで流れなかったことがある。センサー式のもので、手を認識しなかったのか反応なし。後ろに人が並んでいるのを知っていたから、このままでは出られず…。10分ほどセンサーと格闘してようやく流れた。本当に焦った」(20代女性)

 

・ 「トイレットペーパーが詰まっていたみたいで、何回ボタンを押しても流れず…。仕方がないので、緊急ボタンを押して事情を説明して故障中の張り紙をしてもらった」(30代男性)

 

・「大便をしたときに流れなかったことが。次の人に『前の人が流してなかったみたいで、壊れているようです』とウソをついて、他人ごとを貫いた」(30代女性)

 

■ 流れなくても気にしない血液型ナンバーワンは…

トイレ

また、血液型別で調査してみると、B型の40.5%が最大であった。一般的に、楽天的でマイペースだと言われるB型の人は、トイレで流れないハプニングが起きても動じない心を持っているのだろうか?

できれば起こってほしくない最悪のこの事態。どう対処するのが最善なのか…あなたならどうする?

・合わせて読みたい→「初デートでクーポン」に幻滅する女性の割合が判明!バレない抜け道も?

(文/しらべぇ編集部・chan-rie
qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日
対象:全国20代~60代の男女計1,400名

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集