Hのとき撮った・撮られたことがある割合は? 人気セクシー女優にも直撃

あの最中に撮影した・された経験がある割合を調べてみたら…

2015/10/14 06:00

あやみ旬果2

スマートフォンなどで気軽に写真を撮ることが可能になったこのご時世、巷では「リベンジポルノ」という言葉を耳にする機会も増えています。

でも、実際にエッチの最中にも写真を撮った・撮られたという経験がある人はどのくらいいるのでしょう。性体験がある全国20〜60代の男女1162名を対象に調査してみました。


画像をもっと見る

 

 

■5人に1人が撮影を経験?

エッチ撮影

調査の結果、エッチの最中に写真と撮った・撮られた経験がある人は全体の2割ほど。やはり少数派のようですが、気をつけたほうがいいポイントなどはあるのでしょうか?

プレステージ専属の人気セクシー女優、あやみ旬果さんに聞いてみました。

あやみ旬果1

Q.プライベートでシてるときに撮影の経験ってありますか?

あやみ旬果:プライベートではないですね。撮っておけばよかったなぁって思うことはありますけど。


Q.「撮りたいな」って思うときがある?

あやみ旬果:ありますよ。記念みたいな。でも許可とるのも恥ずかしいし、ダメって言われちゃうのも悲しいしで、撮ったことはないです。やっぱり言えないですもん、「撮っていい?」なんて。


Q.相手から撮られたいって言われたらどうですか?

あやみ旬果:嬉しいかも。ふつうプライベートでは撮らないじゃないですか。だから、撮りたいってことは「残しておきたい存在」なのかなって。でも、撮られるなら写真よりも動画が嬉しいですね。

あやみ旬果3

Q.動画…ですか?

あやみ旬果:そのほうがリアルじゃないですか。男の人が思い出して一人でするって時にリアルだし、写真よりも実用的かなって。 自分が撮る立場でも、動画のほうがいいです。声とか、それっぽい雰囲気を撮りたいです。後姿とか。


今回の調査は、写真を撮る撮られる、という経験に焦点を当てたものでしたが、実用性という意味では写真よりも動画の方がよりリアルと言えるのかもしれません。それでもやっぱり気になるのがこの問題。

あやみ旬果:自分で使うならどこ撮ってもいいけど、信頼してるぶん流出だけはだめだよって思う。好きで、この人なら大丈夫って思えないと無理ですね。それくらい信用がある人にしか撮らせちゃダメだと思います。


一度撮ってしまえば、半永久的に残ってしまうのが写真や動画の怖いところ。し始めてからの盛り上がりに任せてしまう前に、冷静に信用のおける相手かどうかを見極めることを忘れずに。


(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2015年8 月21日~2015年8月24日
対象:全国20代~60代の性体験がある男女1176名

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

恋愛撮影女優調査エッチ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング