夫婦の寝室は同じ?別々?夫婦仲が危ういのは…【新妻みひろの体当たり主婦道】

コラム

2015/11/04 11:00

みひろ1

しらべぇ読者のみなさん、こんにちは。最近、夜はめっきり寒くなってきたので、ネコと一緒に寝ることに何よりの幸せを感じている新米主婦のみひろです。

一緒に寝るといえば、結婚したら夫婦は同じベッドに寝るもの…と思っていましたが、世のご夫婦の中には寝室もベッドも別々派の方もいるみたい。それぞれどのくらいの割合なのでしょう?

しらべぇ編集部に調べてもらいました。


 

■「夫婦で同じ寝室」はちょうど5割

夫婦の寝室1

全体では、同じ派・別々派がきれいに半々に分かれました。お子さんがいたり、2人の生活時間がずれていたりすると、別のほうが暮らしやすい人も多いのでしょうか。ちょっとさみしいけど…。

でも、「結婚して幸せ」と思っている人と「離婚したい」と考えたことがある人で比較してみると、およそ1.5倍の差が開いています。別々派はそのうちに心まで離れてしまわないか、要注意かも。


 

■恋愛が続くタイプは「同じ寝室」派が多い

さらに、同じ派・別々派はどんな人が多いか調べてみると… 「ひとりの恋人と長くつきあうタイプ」は同じ寝室の人が6割近いのに、「1回の恋愛が短いタイプ」の人は別々派が6割。

夫婦の寝室2

結婚しても冷めてしまいがちな人は、恋愛している頃から予想できるってことかもしれません。


■パートナーのスマホ通知を見るタイプの人は…

でも、ちょっと怖いデータもありまして… スマホにLINEやメールが届いたとき、画面に「誰からのLINEか」が表示されますよね。 パートナーのスマホに表示される「通知」をつい見ちゃうタイプの人は7割以上が同じ寝室派

夫婦の寝室3

好きすぎて気になっちゃう…ということかもしれませんが、夫婦の間でもプライバシーは大事にしたいですよね。


■新婚みひろ家は「同じベッド」派

みひろ2

わが家は同じベッドで寝ています。だいたい私が先に寝ていて旦那さんが遅く帰ってくるパターンですが、一瞬起きてもまたすぐ眠れる体質なので、生活時間のズレはあまり気にならないかも。

とはいえ、私は朝にパッと目が覚めるのに、旦那さんは何度も目覚まし時計を鳴らさないと起きられないタイプで…それだけはちょっと困るかな。でも、別々に眠りたいとは思いません。

みなさんは、いかがですか?

(文/みひろ

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日
対象:全国20代~60代の既婚男女794名

あなたにオススメ