しらべぇ

スマホがトイレに落ちる?「レディース服を着る男子」の知られざる苦悩とは

テクノロジー

男子の女子化が進んでいると言われている昨今、自ら「女子力男子」と名乗る若い男子も増えてきている。中には、男子でありながらレディ―ス服を着る「レディ―ス男子」なる存在も増えているらしい。

しらべぇではそんな「レディース男子」の実態を調べるため、アンケート調査を実施した。

 

 ■20代男性は約1割が女性もの着用経験が!?

レディース男子
全国の20~60代の男性693人にアンケート調査を行った結果、9割をこえるほとんどの人は女性ものの服は着たことがないようだ。

また年代別でみると、20代男性の割合が8.9%と一番大きく、60代男性になるとわずか1.4%とないに等しい。

レディース男子

女子力男子が増えた言われても、服まで女性ものという人はほとんどいないと言ってもいい。

 

 ■レディース男子のメリット・デメリットは…

かなり限られたレディ―ス男子だが、しらべぇ編集部はそんな20代男性と接触することに成功。女性用の服を着ていて良かったこと、悪かったことを聞いてみた。

【良かったこと】

①シュッと着こなせる

「細い服が着れる。細身で小柄な男子だと、レディ―ス服の方がシュッと着こなせるんです。変に大きいメンズ服を着てダボつくより格好いい」

 

 

②安い

「メンズの服よりも3割ほど安い気がしてます。まあ、その分いっぱい買っちゃうんですけどね」

 

 

③色んなデザインが選べる

「例えば靴下だと、動物柄やプリントのモノが選べます。パンツからロールアップでさりげなく見せればお洒落だし、女の子ウケもいいんです」

レディース男子

(女子向け靴下を着用したレディース男子)

【悪かったこと】

①パンツのポケットが小さいこと

「レディ―スのパンツはポケットが飾りのようなものなので、iPhoneを入れたらはみ出ます。なので和式の公衆便所で用を足していたとき、落としてしまったことも…。当然、機種変しましたね。高くつきました…」

 

 

②お店で試着するのが恥ずかしい

「つくりの違うレディ―ス服を男子が着るには試着が命ですが、これが結構恥ずかしいです。物色するのも恥ずかしいし、あやしい目で見られることもあります。お客さんの少ない平日にお店に行くことも多いですね」

 

 

③サイズがぴったり、ということで彼女に奪われる

「ユニセックスなデザインだから違和感なく着られるそうで、彼女が家に泊まりに来たときにそのまま着て帰ったりして、Tシャツがどんどん減っていきます」

 

 

④「キモい」と言われる…

「似合うかお洒落かとか関係なく、レディース服を着ているって時点で『キモい人認定』をされることも多いですね」

 

ポケットが小さいのはかなり致命的

レディ―ス男子の話で取材班がとくに気になったのが「iPhoneを公衆便所に落としたことがある」という話だ。わかりやすいように再現してみたところ…レディース男子

こちらがメンズを着用した時のiPhone。ポケットの中にちゃんとしまわれている。

レディース男子

こちらがレディースを着用した時のiPhone。全体の3分の1程度はみ出している上に、なんだか出っぱっているO

並べてみると、その差は一目瞭然だ。

想像以上に、レディ―ス男子になるのは険しい道のようだ。彼等のような存在が今後増えていくかどうかは、体型以外の他の条件をクリアできるかにかかっているのかもしれない。

(取材・文/しらべえ編集部・岡本拓

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の男性693名

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu