【垂涎必至!】横浜中華街のショーウインドーが躍動感にあふれまくっている

地域

2015/11/06 07:00

1

横浜の中華街。いくつもの中華料理店がひしめき合い、平日も多くの観光客で賑う。そんな“中華激戦区”のショーウインドーを見てみると、ハイレベルな「食品サンプル」がずらりと並んでいる。


画像をもっと見る

 

◆具材の滝は躍動感がバツグン

2

まずはこちら。料理が完成する直前の一瞬を捉えたサンプル。いまにも匂いが立ち上ってきそうだ。

この形状の食品サンプルのほとんどが「おこげ系」だったが、よく見るとお店によって具材が異なることから、こだわりを感じる。

3

こちらはダブル。挟まれたチャーシューラーメンがこれまたよいバランスだ。


関連記事:霜降りから赤身の短角牛まで!肉バカ研究家が「お取り寄せ肉」の最適解を検証

 

◆生き生きとした北京ダック

4

ショーウインドーの中でもひときわ目をひくのは、ありのままの姿をした北京ダック。この「御頭付き」北京ダック、中華街ならではといった気持ちにさせられる。

5

こちらは体勢の違う北京ダック。

6

壁にもたれかかる北京ダック。ショーウインドーに収まらないほどのボリューミーさがうかがえる。


◆どれも照りがハンパない

まずはこちら。大手中華料理チェーンの「春巻き」の食品サンプルだ。サクサクとしていてとても美味しい。

7

次に、中華街で撮影した下の写真をご覧いただきたい。

8

この照りである。

数十店舗のショーウインドーを調査したが、どこの食品サンプルも照り輝いていた。

照明の影響もあるのだろうか。それにしてもこの輝き。食欲がさらにわく。


◆聴覚に訴えかけてくるタイプ

9

「ジュワジュワジュワ…」と油で揚げたような音と、かすかな煙が出るこの食品サンプル。サイズといい、他のものとは一線を画している。

10

「正宗生煎包」(4個入りで500円)。食べ歩きにちょうど良い。

11

箸を刺すと、熱々の肉汁が「これでもか」というほどにあふれ出す。肉のうまみと皮のモチモチ感がたまらなく、体もポカポカあたたまる逸品だ。

料理を味わうのは当然素晴らしいが、ショーウインドーに注目してみるというのも、横浜中華街におけるひとつの楽しみ方かもしれない。

(文/しらべぇ編集部・マツナガシズカ