二世帯同居ってどう思う?既婚・未婚で大きな差が…【新妻みひろの体当たり主婦道】

コラム

2015/11/14 09:00

みひろ

しらべぇ読者のみなさん、こんにちは。先日、AILIちゃん、藤田恵名ちゃんと3人ライブをして、とっても楽しかった新米主婦のみひろです。歌うのって、気持ちいいですよね。

私は、家のことをしてる時とかも鼻歌を歌ったりするのが好きなのですが、それも旦那さんとふたりきりで「油断」してるから。他の人がいたら、そうは気を抜けないかも。

でも、結婚するとついてまわるのが、旦那さんや奥さんの「親との同居」問題。世の中には、嫁姑の関係で悩んでいる方も多いようです。

そこで、しらべぇ編集部に「2世帯で住みたい人」の割合を調べてもらいました。


 

■既婚・未婚で大きな差が

同居1

すでに結婚している人と未婚の人では、大きく差が出る結果に。結婚生活の現実を知っている方は、実際一緒に住んでいる人もいるでしょうし、「同居は息がつまる」と思うのかもしれません。

でも、未婚の人はむしろ一緒に住みたい人が多数派! しらべぇの別の調査でも、20代の7割近くが親と一緒か近くに住んでいるそうですから、若い世代ほど頼れる親も一緒の暮らし方に慣れているのかも。

同居率


 

■同居するなら「自分の親」が9割

でも、同居を希望する人たちに「自分の親と相手の親、どちらと住みたい?」と聞いた結果は…

同居2

やっぱり9割が「自分の親と」を希望しています。男女差はほぼありませんでした。嫁姑の関係を気にする女性だけでなく、男性も「マスオさん」には抵抗があるみたい。

旦那さんも奥さんも、同居派のほとんどが「自分の親と住みたい」と思っているとしたら、二世帯問題が複雑なわけですね…。


■地方出身の夫婦だとまだ現実感はないけど…

うちは、旦那さんも私も実家が地方なので、なかなか現実感がわきません。

でも、同居が現実の問題としてある方は、自分の親と住むことを受け入れてくれた奥さんや旦那さんに感謝の気持ちを持ち続けることが、仲良しの秘訣かもしれませんね。

(文/みひろ

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日
対象:全国20代~60代の男女計1,347名

あなたにオススメ