クレしん、おぼっちゃまくん、バカ殿…子供のころ「親から禁止令が出た番組」は?

「教育のため」と親から禁止されたテレビ番組はありますか? 経験者に話を聞いてみました。

クレしん

画像はYoutubeのスクリーンショット

子供時代に親から「観てはダメ!」と禁止されていたテレビ番組はあるだろうか? お笑いやアニメ、ドラマ…親からすれば教育のためなのだろうが、子供にとっては観たい番組をコントロールされると、反発したくなるものかもしれない。


画像をもっと見る

 

■子供のころ観るのを禁止された番組があるのは約2割

テレビ

しらべぇ編集部では、全国の20代〜60代の男女1381名を対象に「子供のころに観てはダメと教育された番組がある?」と尋ねてみたところ、全体では約2割の人が「ある」と回答。

男女別・年代別では大きな差は見られなかった。


関連記事:ウソ?!こんなにドッサリ…掃除してるつもりでもゴミが残りまくってる?

 

■親の教育は正しかった…? 2タイプの人間に分かれると判明

しかしながら、調査の結果「出世している人」と「浮気症の人」に、子供のころ親から番組の制限を与えられた人が多いとわかった。

テレビ

親の教育の狙いどおり、将来順調に成長し仕事で成功したタイプの人もいれば、厳しいしつけにより積もり積もった鬱憤が爆発して、浮気のような行動に走ってしまったタイプもいるようだ。

こうしてみると、子供のころにあまり制限しすぎてしまうのも考えものかもしれない。


■お笑い番組や人気アニメに禁止令!

では、どんな番組に親からNGサインが出されたのだろうか?

『おぼっちゃまくん』

「『ともだちんこ』など下品な言葉や描写が多くすごく好きだったが、下品な子になったら…と母親は将来を心配したらしいが、実は友達の家でこっそり見ていた(30代男性)


『クレヨンしんちゃん』

「周りの友達はみんな見ていて自分も観たかったのに、親からおバカになるからやめなさいと注意された。でも、遠足のバスの中で観た映画版しんちゃんに感動! 子供のときにこそ観るべき!(20代女性)


『志村けんのバカ殿様』

「ちょっと大人系なネタもあって観せてもらえず。たまたま番組がついているときは、すぐさまチャンネルを変えられた。この歳になって堂々と観れるように」(20代男性)


『高校教師』

「年頃なのもあって、禁断の恋愛ものは刺激が強すぎだと思ったよう。その後、再放送で観ることができたが、たしかに親と一緒に観なくてよかったと思う内容だった…」(20代女性)


どれも名作であるものの、親からすれば、下品だったり過激な内容は教育上よくない…と考えるのも理解できる。

しかし、子供時代に感じたことがその後の人格形成に影響を与えることを考えれば、さまざまなジャンルの番組に触れることで、「感受性の豊かな子供に育つ」など、プラスに考えてみてもいいかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の男女計1,381名