【緊急事態】1割の人が「うんこを手で拭いた」ことがあると判明!う、うん、仕方ない…

ライフ

2015/11/24 12:00

トイレ

©iStock.com/klickit

トイレに入り安心したのも束の間、紙が切れていた…このような緊急事態であっても、家の中ならなんとかなるだろう。替えのトイレットペーパーを取り出せばいいし、ティッシュペーパーを使ってもいい。

しかし、それがもし家の外で、しかも代用品がなかったとしたら、人はどんな行動に出るのだろうか。


 

■約10人に1人が「うんこを手で拭いたことがある」

うんこを手で拭いたうんこを手で拭いた

マインドソナーのアンケートによると、9.5%の人が「うんこを手で拭いたことがある」と答えた。

一見、少ないようにも思える数値だが、10人に1人いるのは事実。みんな口に出さないだけで、潜在的な人口は想像以上にいると言っていい。


 

■「クソッ!仕方ない、手で拭くか…」エピソード3選

「うんこを手で拭いたことがある」と回答した人たちは、どんな風にその英断に至ったのだろうか。聞き込み調査の結果、次のような逸話が集まった。

「ランニングしてると急におなかが痛くなり、トイレに駆け込みました。間に合ってほっとしたのも一瞬だけ。すぐに紙がないことに気づき…


いつもならパンツで拭いて草むらに捨てるんですけど、その日は彼女にクリスマスプレゼントでもらったやつで、仕方なく…パンツは守れたけど、自尊心は傷ついた」(28歳男性・自営業)


「中学生の時、あるころから急に牛乳でおなかを下すようになった。でも気づかずに飲み続けてた結果、毎日のようにバスを途中で降りていた。ある日、いつものように公衆便所に駆け込むと、紙がなく、芯が一個だけあるのみ。


芯の角で削るようになんとか拭きとろうと試みたけど足りなかった」(24歳男性・ライター)


「痔に悩んでいた時、『インドでは手で拭くらしい』と聞いて実践。思ったよりも自分に合っていたようで、治ってからも続けている(32歳男性・インストラクター)


いよいよ冬が本格化し、おなかにも厳しくなってきたこの頃。不意の腹痛に襲われても大丈夫なように、ポケットティッシュを入れておくのが良いだろう。

(取材・文/しらべえ編集部・岡本拓

あなたにオススメ