カリスマ美容師が正しい「ハゲ隠し」スタイリングを伝授

ライフ

2015/12/07 10:30

ハゲ

©iStock/gangliu10

男性にとって、薄毛は身近な悩み。しかし、たとえば植毛するにもお金や手間かかり、養毛剤や育毛シャンプーも発売されているが、一朝一夕に改善がみられるものでもない。

結果、「ハゲを隠す」という方向にいきがちだが、そのせいで「おかしな隠し方」をしてしまっている人も多いのではないだろうか。



画像をもっと見る

 

■ハゲ始めたときに、陥りがちな失敗

青山のヘアサロン「アンサルト」の久米直樹氏を訪ね、薄毛が気になるときのスタイリング術を聞くことに。

久米氏はこの道30年のベテラン美容師。現役の美容師として活動する一方、国内外の美容師向けのセミナー講師としても精力的に活動。

sirabee1115hage6

髪が薄い人は、以下の2つの方法に陥りやすいそう。

「ひとつは髪の長さ全体を長くしようとすること。もうひとつは、部分的なハゲの場合に、それ以外のエリアの毛を育てようとすることです」


たしかに、上記のような髪形は、ハゲの人によく見られるイメージがある。しかし、それでは問題があるようだ。

「おでこからハゲた場合、髪が長くなると、パカッと割れる場合があります。また、頭頂部からハゲた場合、横の毛が多いと逆に頭頂部の薄さが目立ってしまいがちです」


たとえば、下はこめかみうえが禿げ上がっているのを隠そうと長さを残してしまっているがゆえに、より薄毛が強調されてしまっているヘアスタイル。

sirabee1115hage1-a

「あー、いるよね、こういうおじさん!」とうなずいた人も多いだろう。

sirabee1115hage2-a

薄毛が逆に目立ってしまっている側頭部。

「気持ちはわかるけど、ネガティブな精神で隠そうとしても、周りにはバレている。気にしすぎて、そーっと髪を洗うよりも、しっかりマッサージして洗った方がいい。血行が良くなるから」


とのこと。


関連記事:「ムサコってどこ?」論争に終止符!7割の人が「そもそもムサコを知らない」と判明!

 

■スタイリング

どうやら、「ハゲを隠す」という発想は、根本的に間違っているようだ。薄毛のスタイリングのポイントを教えてもらうことに。

「まず、頭の両サイドの密集部分を根元からすいて、全体の毛量を調整します」

sirabee1115hage3-a

「続いて、次に薄くなっている部分の下の髪の毛も、すいて短くします」

sirabee1115hage4-a

薄毛に悩む人は「髪を伸ばし」「他の部分の毛で隠す」という行動をしがちだが、今回のスタイリングはそれとは真逆なものだった。

sirabee1115hage-final-a

薄毛とは思えない、さわやかな仕上がり。隠そうとするあまり、毛量が多くなって逆に薄毛が目立っていた時とは正反対の印象だ。

「諦めるのははやい。髪形を意識するようになってから彼女ができて結婚した50代の男性だって多いですから。大丈夫!」


悪いイメージを持たれがちな「薄毛」だが、悪いイメージを持ちがちなのは当事者も同じ。「薄毛」な自分を隠すのではなく、上手に付き合っていくことが大事なようだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・大空美南) 協力:ヘアサロン「Unsarto(アンサルト)」久米直樹