【ド変態発見】うんこ・おしっこの我慢に快感を覚える人は…

トイレ女性

©iStock.com/mheim3011 

うんこやおしっこは、一般的にはトイレでするもの。「漏らしてしまうほうが好き」という人はほとんどいないはずだ。

しかし世の中には、あえて適切なタイミングでトイレに行かず、ギリギリまでスリルを楽しむ(?)変わり者がいるらしい。子供の頃から一貫して「ギリ便派」というA氏(20代・男性)に話を聞いてみると…

 

「うんこやおしっこをギリギリまで我慢してからするのは、3つの喜びがあります。

 

①自分の限界に挑戦する達成感

②もしかしたら漏らしてしまうというスリルと漏らした自分を妄想する背徳感

③肛門や膀胱の中をいっぱいにする性的快感

 

これが一度にタダで、一日に何度も味わえるんですよ! こんな娯楽をみんながやっていないのが不思議でなりません」

 

あまりの自信まんまんぶりにやや引いてしまったしらべぇ取材班は、全国20〜60代の男女1371名を対象にその実態に迫ってみた。

 

■女性より男性に多い「ギリ便派」

うんこ我慢1

やはり、A氏のような趣味を持つ人はかなり特殊なようで、男女とも1割前後。男性が女性の1.6倍になっているのは、女性はおしっこを我慢すると膀胱炎になりやすいと言われる体の構造が影響しているのかもしれない。

 

■30代男性は5人に1人がギリ便を楽しむ

この男女差は、年代別に見るとさらに明らかだ。

うんこ我慢2

男女とも、うんこ・おしっこをギリギリまで我慢して快感を覚えている人は2、30代に多く、30代男性では2割が日々ギリ便の快感を楽しんでいる。

しかし、当然ながらギリ便にはリスクも伴う。

 

■ギリ便派は失敗も多い?

日々の排便をゲーム感覚で楽しむのは個人の自由だが、当然ながら「失敗」の確率も増えるはず。そこで、「道端でうんこをしたことがある割合」を比較してみると…

うんこ我慢3

ギリ便派は、それ以外と比べて野糞率が3倍。やはり我慢しきれなかった人も少なくないようだ。マニアのみなさんには、ぜひご注意いただきたい。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

qzoo調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代男女1371名

あなたにオススメ