【SNS問題】自撮り大好き人間はモテるか否かが判明

男女

2015/12/14 06:30

自撮り

©iStock.com/Ondine32

以前、しらべぇ編集部の調査で6割の人が自撮りに「自己顕示欲」と「嫌悪感」を抱いているという事実が判明した。

自撮り嫌いに関して、最も大きく差がでたのが40代女性と30代男性であった。そこで「異性の自撮り」に関してはどうなのかを全国20代〜60代の男女に調査を実施した。


画像をもっと見る

 

■自撮りする異性に引いている年代と性別が判明!

まずは、「自撮りをする異性に引いたことがありますか?」と調査をしてみたところ…。

グラフ

20代と30代女性が約4割と一番多い。若い女性の方が異性の自撮りに関して厳しい意見をもっているのがわかる。次に続くのが20代男性で約3割。

異性の自撮りに関して厳しい意見を持つのは若い世代ということが判明した。異性の自撮りに関して意見を聞いてみた。

・大抵ナルシストか自分がカッコイイと思って載せてる自信家が多いから引く(20代女性)



・イケメンならまだわかるけど、すごい微妙な人がよくやってて、こいつ自分の事カッコいいって思ってるよなーって思ったから引いた(30代女性)



・あんまり自撮りする人に会ったことない気もするけど、嫌に思ったことない(30代男性)


関連記事:名前に「エビ」が入るとあだ名が「エビちゃん」になる確率は?

 

■自撮り写真を見て恋人でも冷めた経験が?

続いて、「恋人や好きな人の自撮り写真をみて気持ちが冷めたこと」の有無を調べてみたところ…

グラフ

一番多い数値が20代女性で2割。自撮りをする異性には引くが、惚れた男には弱いのか数値が減ったことがわかる。

・自分をカッコ良く見せたくて頑張ってるのがわかる写真が痛くて冷めたことがある(20代女性)



・元旦那がよく自撮りしてたけど、気にならなかったから(30代女性)



・なんとも思わなかった(20代男性)


また「どちらかというとモテる方だと答えた人の約3割が気持ちが冷めたことがある」という回答であった。

若くて異性にモテる女性にモテたい男性は、自撮りには最新の注意が必要なのかもしれない。

(取材・文/しらべぇ編集部・ニートgoma
qzoo 【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日
対象:全国20代~60代の男女1400名