いい歳して恥ずかしい行為ランキング!世代を超えたガチ一位は?

いい歳
©iStock.com/CREATISTA

その年齢にふさわしくない・恥ずかしい行為に対して使われる、「いい歳して」という表現。では、その行為とは具体的に何だろうか。7つの選択肢から圧倒的に票を集めたのは、世代、性別を超えて共通したものであった。

画像をもっと見る

 

「ネットスラング」は使っても気づかれてない?

■「いい歳して恥ずかしい」と思ってしまう他人の行為といえば? 対象:26,299人

グラフ_27位 ネットスラングを話す 610票2%
6位 カラーコンタクトをつけている 885票3%
5位 親元に住んでいる 1,510票5%

相対的に票が少なめだったのが、ネットスラング。「今北産業(いま来た私にこれまでの流れを三行で説明して、の意味)と言われて、最初は分かりませんでした。あとで検索してゲッ…となりましたけど。」(会社員 女性)というように、そもそも意味がわからなくてスルーされている可能性もある。

5位の「親元」について「親に依存するのはNGだが、同居自体が特にダメとは思わない」(自営業 男性)と理解する声もあった。たしかに、いい歳になればそれだけ家業や介護などの事情にも直面する。一概に悪いこととは言いにくい。

関連記事:【衝撃】「若さ」に年齢は関係ないことが判明!データが示す「自称若者保存の法則」

 

恥ずかしい!でもうらやましい!

グラフ_2

4位 クラブやパーティーなど、若い人が集まる場所に足しげく通う 1,620票6%
3位 キャラクターグッズを集める・身に着ける 2,548票9%
2位 いまだにお小遣いをもらっている 5,813票22%

自分より若い人が集まる場所に通う、大人。その若々しさもアリかと思いきや「服や雰囲気がなにか違う」(会社員 男性)と、冷静なツッコミが聞かれた。

3位のキャラクターグッズについては「デスクにスヌーピー、コップのフチ子、ふなっしーグッズが混在。せめて方向性を統一してほしい。」(会社員 女性)と、組み合わせのセンスを疑問視する声も。しかし、1キャラクターで統一され過ぎてもイラッとされそうだ。

ぐっと得票率が上がるのが、2位の「お小遣いをもらっている」。いい歳=経済的な自立だとすると、違和感を覚えるのもうなずける。なお「金持ちだ!うらやましい!しかし、親はいつかは逝くものだ」(会社員 男性)といった妬みなのか批判なのかわからない意見も。

キョンキョンだってもう「コイズミ」とは言ってない

全世代・性別を超えて圧倒的に票を集めたのは、一人称の呼び方。

グラフ_31位 自分のことを●●ちゃん、●●など、自分の名前で呼ぶ 11,104票42%

さすが4割の得票率となるだけあって、
「親の顔が見たいとは、まさにこのこと」(男性)
「キョンキョンだってもうコイズミとは言ってない。そろそろアナタも。」(女性)
「ママ友が言いだして驚愕」(女性)
など、評価は散々だ。

ただし、「友人はなぜか似合ってる。ぶりっこにおもえない」というレアケースも。自分自身のキャラクターを見極めて使わないかぎり、世間から思いのほか冷たい目で見られるようだ。

(文/しらべぇ編集部・伊東宏之

みんなの声【集計結果】

出 典:dメニュー・iメニュー 「みんなの声
総投票数:26299票