「どんばれ屋」限定メニューと話題の「10分どん兵衛」を比較

グルメ

2015/12/30 10:30

写真_1

カップうどんを規定の時間の倍待って食べると美味しいらしい。ネットでじわじわと浸透していたが、ラジオでマキタスポーツが紹介したことから試してハマる人が続出した。

「10分どん兵衛」は公式HPにも取り上げられるなど話題となったメニューだ。


 

■山手線渋谷駅ホームにどん兵衛ショップ「どんばれ屋」がオープン中

写真_2

CMの世界観を表した、時代劇調の店内で各地のどん兵衛を食べることができる「どんばれ屋」では、現在「どんばれメニュー」も提供している。

しらべぇでも調査を行なった。


関連記事:棚は「さしすせそ」で分類!関東初進出の本屋「MUJI BOOKS」が新感覚すぎる

 

■「10分どん兵衛」に匹敵する、ひと手間加えたメニュー

写真_4

「釜玉うどん兵衛」と「どん兵衛だし茶漬け」の2品がどんばれ屋で食べられるメニューだ。

卵黄だけを落とした釜玉うどん兵衛は、香ばしさと卵黄の組み合わせでひと味違う。限定メニューなのにどちらもHP上でレシピが公開されている。


■「10分釜玉うどん兵衛」と「釜玉うどん兵衛」を食べ比べ!

写真_4

釜玉うどん兵衛が美味しかったので、公開レシピをもとにさらに美味しくなる可能性を秘めた「10分うどん兵衛」も作ってみることに。


①カップに湯だけ入れて10分

写真_5

間違えているのではなく作り方はいたって簡単、カップ焼きそばの作り方と同じ。湯きり穴がないのでザルが必要だ。


②しっかりお湯で伸びた麺に、しょうゆと粉スープを少量で味付け

写真_6

5分どん兵衛よりも10分うどん兵衛のザルにあげた時の太さと、麺の透きとおり具合が違う。しっかり伸びきっている。軽く湯を切り、しょうゆと粉スープで味付けし、卵黄をオン!


■食べ比べてみると…!?

写真_7

完成した「10分釜玉うどん兵衛」(左)と「釜玉うどん兵衛」(右)。違いがお分かりいただけるだろうか、麺が伸びている分多い感じ…。

お店やレシピではネギを散らすが、あえてどん兵衛のまま。卵黄をよくかき混ぜていただきます。


■ズボボボボとズルズル

写真_8

麺をすすった音が明らかに違う。「10分釜玉うどん兵衛」は柔らかいけど麺が切れないやさしい味、吸った時の音がズボボボ。たまご入りおじやを吸ったらこんな音がするはずである。

普通の「釜玉うどん兵衛」はややコシがあり硬麺派にぴったりだ。


■違いは好みによるが、限界まで伸びたことで意外な効果がアリ!?

食べ進めていくと「釜玉うどん兵衛」は卵黄のわずかな水分も吸収して麺が絡んできてしまう。一方、限界まで伸びた「10分釜玉うどん兵衛」は状態が変わらず、食べすすめやすい。

卵黄との相性も良く、食べやすくなる「10分釜玉うどん兵衛」は、製造時の油分も湯を捨ててしまうことによりヘルシーに。忘年会続きで疲れた胃腸を癒してくれるオススメメニューかも!?

どん兵衛屋 渋谷駅ナカ店
所在地 JR渋谷駅 山手線外回りホーム(恵比寿より)
営業時間 平日7:00~21:00(LO 20:30) 土日祝日7:00~20:00(LO 19:30)
※期間限定店舗。販売メニューは変更の可能性あり

(取材・文/しらべぇ編集部・田村えま