【仕事始め】微熱で出社する割合が驚愕!B型の社畜ぶりも

写真_1

微熱の定義をご存じだろうか。37~38℃の状態が一定期間持続している状態を微熱と呼び、症状としては寒気やだるさだ。気合いで動ける状態ともいえる。

しかし、熱があるということは病原体かウイルスが体内に侵入しており、それを駆除するために免疫系細胞が働いているのだ。立派な病人である。

気合で動ける病人は仕事に行くのだろうか? 全国の20代~60代の会社員518人に「熱があっても37.5度なら出社するか」調査してみた。


画像をもっと見る

 

■日本は社畜大国? ブラック国家?


グラフ_1

全体平均で出社割合が5割を超えた。自分の代わりがいないのか、それとも休みづらいのか? このままでは想像の域をでない。それにしても働き過ぎではないだろうか。

性年代別で見ると出社理由の傾向が判明。

sirabee微熱02

男女ともに20代は微熱でも休む傾向にある。自分が休んでも先輩がカバー出来ることが分かっているのだろう。

そのカバーをする側の中間管理職は男性で40代が6割に近い出社率となっている。この年代は自分が決定権を持ち、休みづらいのかもしれない。

女性では30代出社率が飛びぬけている。子供がいる場合は子供を理由に会社を休むこともあるため、自分の微熱ぐらいでは仕事を休めないのかもしれない。同じ30代の男性と10ポイントもの差があることから男女平等が疑わしく見えてくる。


関連記事:【社畜大国】「ノー残業デー」なんて真っ赤なウソ…みんなの取得率を調査!

 

■休みやすい=働きやすい都道府県が判明?

微熱03

全体平均の半分以下の25%を記録した神奈川県は、微熱でもゆっくり休むことができるようだ。反対に埼玉県民は微熱で仕事を休まない。何が埼玉県民を突き動かしているのだろう。


■一番ガッツがあるのはB型?!

微熱04

B型の出社率が平均を5ポイント上回る。血液型別で比較するとO型とB型には10ポイントもの差がある。部下にするならB型は打たれ強いかも。しかし、これが上司だと少し暑苦しいかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・ワダノヒトシ

qzoo 【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20〜60代会社員計518名