しらべぇ

おにぎりは冷たいのが好き?進む若者の「冷食化」には温朝食を

グルメ

sirabee0112onnchoshoku

「ご飯できたわよ! あったかいうちに食べちゃいなさい!」

 

子供の頃、母親にそう言われた経験のある人も多いと思う。それゆえか、「できたての温かい食事=おいしい」という考えが、我々の頭の中にはある。

しかし、どうも近年ではそんな価値観が揺らぎ始めているらしい。たとえば「できたての温かいおにぎりよりも、冷えたコンビニのおにぎりのほうが好き」という若者が増えているようなのだ。しらべぇ編集部はアンケートサイト「マインドソナー」で調査を試みた。

 

■冷たいおにぎりのほうが好きな人は2割も?

その結果、全体の14.9%「温かいおにぎりより、冷えたおにぎりのほうが好き」と回答。

sirabee0112onnchoshoku

さらに女性に限定すると、2割以上が「冷たいほうが好き」と答えた。

昭和の時代では「母の手作り」が普通だったものの、コンビニの普及以降、「冷たい食品」が当たり前になり、「冷たいおにぎり」に抵抗がない人は増えているようだ。

いや、むしろそれが「おふくろの味」になっているのだろうか…? 実際、「温めますか?」と店員に聞かれても、面倒で温めない人も多いハズ。

 

■進む日本人の「冷食化」…今こそ温かい朝食を!

衛生的な問題から冷えた状態で提供されることも多い、現代の食事情。冷たい食事や飲み物を摂取することで、お腹が冷えたり、血糖値などがきちんと上昇しない、などの問題も指摘されている。

しかし、一方でそんな日本人の「冷食化」に危機感を持った人々の動きも広がり始めているという。

sirabee0112onnchoshoku

情報を聞きつけたしらべぇ取材班が向かった先は、渋谷ホテルユニゾの2Fにある『ロイヤルガーデンカフェ』。このカフェではホテル宿泊者向けに温かい朝食=「温朝食」を提供している。

sirabee0112onnchoshoku

『アメリカンブレックファスト・幸運スープ温朝食セット』(1250円)。写真右側にあるように、温かいコーンスープがついてくる。

このコーンスープ、もともとはセットには含まれていなかったが、「温かい朝食の大事さ」から、セットに加えられたそうで、宿泊者向けに朝7時~10時の間に提供されているとのこと。

 

■幸運を呼ぶスープ?

一見、普通のコーンスープにも見えるが、正しくは「幸運スープ」。じつはこれ、意外と手のかかった代物らしい。

sirabee0112onnchoshoku

なんでも、東京赤坂にある豊川稲荷東京別院にて、新年の祈願をしてもらったトウモロコシを使用しているのだ。

「コーンスープ=幸運スープ」

なんとも単純なオヤジギャグだが、「祈願付きの食品」と聞けば、健康にも良さそうだ。

sirabee0112onnchoshoku

取材班が訪れたこの日、東京の最高気温は6℃。すくうごとに、スープの温もりが冷えた身体に染みていく。

 

■朝食を食べるだけじゃない、「温かさ」も考えよう!

「朝食をきちんと摂ることで気分をあげ、一日の良いスタートを切れる」というのはよく聞くことだが、「食事が温かくないと、うまく体温を上げきれない」という専門家の指摘もあるとのこと。

2016年を実りある一年にしたい人は、「朝食」の温もり具合から変えてみてはいかがだろうか。

(取材・文/しらべえ編集部・岡本拓

『Royal Garden Café 渋谷』
住所:東京都渋谷区宇田川町 4-3ホテルユニゾ2F)
営業時間:7:00~10:30/11:00~15:00
※「幸運スープ」は1月13日から二週間限定での提供。

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集