「妻の手料理と外食」既婚男性が本当に食べたいのは…

男女

2016/01/13 06:30

主婦
©iStock.com/miya227

女性の社会進出も広がった今、「料理するのは妻」といった決まりはなく、むしろ「料理男子」も裾野を拡大している。とはいえ「愛妻弁当」といった言葉もあるように、実態としては家庭では妻が料理をすることが多いはず。

しかし、しらべぇが以前お伝えした調査で、「妻の料理がまずい」と思っている夫は、30代では3人に1人に及ぶことも明らかとなっている。

結婚生活の幸せ度は「胃袋」次第?「メシマズ嫁」の割合が判明


 

■夫は妻の料理がどれくらい好きなのか?

そこで、しらべぇ編集部では全国の既婚男性317名を対象に「妻の手料理と外食」のどちらが好きかを聞いてみることにした。

手料理1

以前の調査で3割が「妻の料理は美味しくない」と答えた30代は、手料理派がもっとも低く「外食好き」が6割超え。一方、家庭の味になじんでいくせいか、年齢とともに妻の手料理のほうが美味しいと答える人が増える傾向も見えてくる。


関連記事:結婚してから「ひとりH」はどうしてる?【人妻みひろコラム】

 

■結婚するならこんな人! 高学歴・草食男子は手料理好き?

年齢とは別に、「奥さんがつくった料理が大好き!」となる男性の傾向は、ないのだろうか。女性にとっては結婚相手を選ぶ重要なポイントにもなりそうなものだが…。

手料理2

じつは、自分の学歴に自信を持っている人は、そうでない人と比べておよそ18ポイント近く妻の手料理のほうが好きであることがわかった。また、肉食男子よりは草食系のほうが手料理を好む傾向も。

夫婦での外食ももちろん楽しいものだが、女性が日々の手料理を美味しく味わってくれる夫候補を選ぶなら、「高学歴・草食男子」はひとつの参考になるかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

qzoo調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
対象:全国30代~60代の既婚男性317名