【本物】ヤクザは拳銃を持たない?実態に迫る映画が公開中

『ヤクザと憲法』
©東海テレビ放送

暴力団対策法が布かれ20年、ピーク時には18万人にものぼったと言われるヤクザは、ここ数年で6万人を割った。そんな斜陽の一途をたどっているように見えるヤクザは、今、いったい何を考え、どのように暮らしているのだろうか?

昨年、東海テレビでドキュメンタリー番組として放送された『ヤクザと憲法』が劇場版に再編集され、現在映画館で上映されている。


 

■実録ではなく「本物」

大阪府堺市のとある住宅街。その一角にたたずむ一見なんの変哲もない建物。しかし、よく見ると何台もの防犯カメラが設置され、物々しさを醸し出している。 ここは指定暴力団のひとつ、「二代目東組二代目清勇会」の事務所だ。

重厚な鉄の扉を開けて取材クルーが入る。 取材の取り決めは、以下の3つ。

①取材謝礼金は支払わない

②収録テープ等を事前に見せない

③モザイクは原則かけない


そうして密着すること約100日。カメラはヤクザのリアルな実態を浮き彫りにしていく…。


 

■ヤクザは拳銃を持ってない?

『ヤクザと憲法』
©東海テレビ放送

事務所内はいつも、誰かのふかすタバコの煙でいぶされている。金勘定をする男に、クルーはこうたずねる。

クルー「なんのお金ですか?」



男「シノギですわ。高校野球の…」


出所したばかりだという「部屋住み」の男が、事務所の中を案内する。寝室には怪しげな形状の長細い大きなビニールバック。部屋住みの男は、知人にもらったテントだと言う。そこで、監督が質問する。

監督「マシンガンとかじゃないんですか?」


男「そんなわけないじゃないですか!」


監督は、さらに斬りこんだ質問をしていく。

監督「拳銃はないんですか?」


男「あるわけないじゃないですか」


監督「じゃあ他の組が攻めてきたらどうするんですか?」


こうした茶番とも言える質問に逆ギレされやしないかと、見ているこっちが冷や冷やしてしまうのである。


■二代目組長へのインタビュー

『ヤクザと憲法』
©東海テレビ放送

カメラは、二代目清勇会会長・川口秀和へも肉薄する。彼は1985年に起きたヤクザの抗争事件で、15年の実刑判決を受けた。巻き込まれた一般人の女性が死亡したこの事件は、暴力団対策法のきっかけを作ったといわれている。

夜のネオン街を一人練り歩く会長が、馴染みの小さな居酒屋に立ち寄る。彼がヤクザの親分であることを知っているという居酒屋の女将に、監督が質問した。

監督「怖くないんですか?」


しゃがれた声の彼女は一笑し、こう答えたのだ。

女将「ヤクザが怖かったら新世界で生きていかれへんで。この人らは守ってくれる。警察は何にも守ってくれへん」


■強いのは権力か? アウトローか?

『ヤクザと憲法』
©東海テレビ放送

詐欺未遂のかどで組員が捕まり、清勇会事務所にガサ入れが入る。刑事たちは法の番人たる出で立ちで、こざっぱりとしたスーツに身を包んでいる。

しかし、ヤクザ相手にならばいざ知らず「カメラ止めろ!」と取材クルーをどやしつける姿に、「正義の味方」たる面影をみるのは難しい。


■はたして彼らに人権主張の資格はあるのか?

銀行口座がつくれない。子供が幼稚園に通えない。保険に入るために提出する書類には「暴力団関係者ではない」ことを申告する欄が設けられ、もし嘘の記入をすれば、詐欺罪で逮捕されてしまう…。

暴力団排除のために、司法が社会に仕掛ける罠は巧みだ。 本作は、ヤクザは割に合わない、まさに因果な稼業であることを十分に見せつける

終盤、監督は川口会長に切り出す。

会長「ヤクザをやめればいいっていう人もいると思うんですけど…」


その言葉に対する川口会長の返答に、そこはかとない悲壮感が漂うのだ。

現在を生きるリアルなヤクザの姿を記録した貴重な本作。その映像を是非劇場で確かめてほしい。現在はポレポレ東中野などで上映中。全国でも、順次公開の予定である。

参考リンク:『ヤクザと憲法』公式サイト

(文/しらべぇ編集部・フクダかづこ

あなたにオススメ